新しい靴ももう怖くない!「靴擦れ」の正しい防止・予防対策

更新日:2016/12/09 公開日:2014/05/15

物理・化学的皮膚障害

新しい靴を購入し、気分良く外出したにもかかわらず、靴擦れを起こしてだんだん足やかかとが痛んでしまうのはよくある事です。中には皮がむけている場合もあり、気分も沈んでしまいます。そうなるとせっかく購入した新しい靴を履くことにも抵抗を感じてしまいます。靴擦れはとても辛いものなので、できれば予め防止しておきたいものです。ここでは靴擦れ防止にオススメの対策を詳しく紹介します。

靴擦れ防止

靴擦れの原因と危険性

新しい靴を履いて気分よく出かけても、靴擦れを起してしまうと気分も沈み、何より痛くて仕方ありません。

靴擦れの原因はいくつかあり、靴の形やサイズが自分の足に合っていなくて摩擦が起きる場合や、靴の素材が固かったり先端が細くなったりしている場合、そもそも足の形が外反母趾などで異常になっている場合などがあります。

また正しい姿勢を保たずに歩いていると靴擦れを起こす原因になります。

靴擦れによる痛みはなんとか我慢できても、実は隠れた危険性があります。靴擦れは放置していると水ぶくれが生じて、その後皮がむけてしまいます。するとその傷口から雑菌が体内に侵入し、化膿や懐死を引き起こす危険性があります。

またタコやマメが生じると痛みがあるため、かばいながら歩いてしまい姿勢が崩れ腰痛を引き起こすこともあります。たかが靴擦れですが、その向こうには多くの危険性が潜んでいます。

オススメの靴擦れ防止法

靴擦れを防止する方法はいくつも存在しますが、その中でも効果が期待でき、誰でも簡単にできる方法をお伝えします。

靴擦れ防止用の絆創膏を貼る

靴擦れ防止用の絆創膏を貼る。これが一番簡単な防止法です。もちろん普通の絆創膏でも代用できますが、現在は靴擦れ防止用の絆創膏が多く市販されているので使用してみましょう。

靴と足が今まで以上にフィットするので、新しい靴でも安心して履くことができます。靴擦れ防止用の絆創膏は通常足に貼るものですが、靴に貼っても効果が期待できます。新しい靴をよく見て摩擦しそうな箇所に絆創膏を貼ります。クッションの代わりになって足を守ることができます。

また靴の内側に貼るためのパッドも効果が期待できるのでオススメです。

靴の調整

靴擦れの多くは素材が固い靴を履いた時に多くみられます。新品の靴は素材が固いので靴擦れになりやすい傾向にあります。その固い素材をストレッチャースプレーなどで柔軟にすることで靴擦れを防止できます。

特にかかと部分を柔軟にすると予防効果が期待できます。しかし柔軟にしすぎると、せっかくの靴が型崩れしてしまいますので、専門店で施してもらうとよいでしょう。

正しい歩き方を身につける

靴擦れには、歩き方も大きな関係があります。歩き方には人それぞれ癖があり、知らず知らずに足に負担を掛ける歩き方をしている場合があります。すると本来靴と接触しない部分が接触してしまい靴擦れができます。

このように靴擦れを予め防止するにはさまざまな方法があるので、気軽に出来るものから始めてみてはいかがでしょうか。

また最近ではシューフィッターという最も足に負担を掛けない靴を選んでくれる専門家がいるので相談してみるのもひとつの対策です。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!