5155名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビの原因(3)ホルモンバランス

更新日:2017/02/28 公開日:2014/05/13

ニキビとホルモンには、密接な関係があります。ニキビの原因のひとつである皮脂の過剰分泌は、主に男性ホルモンの刺激によって起きています。名称に「男性」とつきますが、女性の体内でも分泌されているホルモンです。この記事では、男性ホルモンとニキビの関係について詳しく説明していきます。

皮脂分泌を増やす「男性ホルモン」

ホルモンバランスの乱れは身体の不調につながります。中でも男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂の分泌量も増加しニキビの原因となります。

男性ホルモンとは?

代表的な男性ホルモンは、男性の精巣・女性の卵巣から分泌される「テストステロン」です。その他にも副腎皮質から分泌される「アンドロゲン」があります。男性ホルモンには、皮脂分泌を増加させ角質を厚くする作用があります。

女性にもある男性ホルモン

「男性」ホルモンとは言いますが、女性の体内にも存在します。ただし、女性の体内(卵巣)で作られるテストステロンの量は男性の10分の1程度です。

一般的に男性の方が男性ホルモンの量が多いため、皮脂分泌が旺盛です。そのため、男性のほうがニキビは重症化しやすく、発症する人も多いと考えられています。

男性ホルモンとニキビ

男性ホルモンの分泌量が増えると皮脂腺が刺激され、必要以上に皮脂が分泌されます。男性ホルモンが増えているときは角質が厚くなり毛穴が狭くなるうえに、皮脂が過剰分泌するため、毛穴は塞がりやすくなってしまいます。この状態がニキビの発生や悪化を引き起こします。

ちなみに、男性ホルモンの影響をもっとも受けやすい部分は、ちょうどヒゲが生えるあたりのフェイスラインです。その部分にできるニキビは、ストレスが原因になっている場合も多く、治りづらいことも特徴の1つです。

男性ホルモンが増える理由

男性ホルモンの過剰分泌を引き起こすものとして、抗ストレスホルモンの「コルチゾール」があげられます。

コルチゾールとは?

副腎皮質から分泌され、ストレスに対抗する働きを持つホルモンです。主に睡眠中に活性化し、体内のエネルギー代謝を促したり、昼間に受けるストレスに対する準備をしたりします。

コルチゾールと男性ホルモン

ストレスを感じると、コルチゾールが分泌されます。コルチゾールには、ストレスに対抗する作用の他に、男性ホルモンの分泌を増やす作用もあります。この作用によって皮脂分泌も増え、ニキビにも影響が及ぶのです。

コルチゾールは「悪者」にあらず

男性ホルモンを刺激して皮脂分泌を増やすというと、まるで「悪いホルモン」であるかのように感じるかもしれません。しかし、本来コルチゾールは、ストレスに勝つ身体や精神状態をつくるために必要とされるホルモンなのです。

しかし、強いストレスや慢性的なストレスによりコルチゾールの過剰分泌が起きると、男性ホルモンを強く刺激して、皮脂の過剰分泌を起こしてしまいます。

ストレスと男性ホルモンの関係については、『ニキビの原因(5)ストレス』もご覧ください。

ホルモン治療でしつこいニキビを改善できる?

なかなか改善しないニキビや生理前に悪化するニキビがある人は、低用量ピルなどのホルモン治療で改善するケースも多いようです。上記でも説明したように、女性の体内にも男性ホルモンが存在しています。なんらかの原因で女性ホルモンの分泌量が低下すると、バランスが崩れ男性ホルモンが優位に働くようになり、ニキビができやすくなる可能性があります。

あごやフェイスラインにニキビができやすく、なかなか治らないという女性は、ホルモンバランスの乱れが影響しているかもしれません。低用量ピルを服用するだけでもニキビが改善する女性もいることから、ホルモン治療はニキビの根本的治療として期待されています。

ただし、軽微ですが副作用もあり、条件によっては服用できない場合もあります。医師の指導を守り正しく服用しましょう。

ニキビのホルモン治療の詳細は『ニキビの皮膚科治療(5)ホルモン治療』をご覧ください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート