脂肪燃焼系ダイエット成分「ガラナ」

更新日:2016/12/09 公開日:2014/05/13

脂肪燃焼系サプリメント成分

日本では炭酸飲料として有名なガラナですが、昔から疲労回復にも利用されてきました。 最近では、そのダイエット効果に注目が集まり様々なサプリメントに配合されています。ここではドクター監修の記事で、ガラナの体内での働きや摂取する場合の注意点について解説します。

ガラナ

ガラナの効果は穏やかで長時間

脂肪を燃焼させる成分は色々ありますが、カフェインもその1つです。ガラナには、このカフェインが豊富に含まれています。コーヒーのカフェインよりも穏やかに身体に吸収されるので、偏頭痛や疲労回復、解熱などにも利用されてきました。

最近ではガラナの持つ脂肪燃焼作用に注目が集まっています。ガラナはブラジル原産のつる植物で、種子から抽出したエキスを飲用しています。

ガラナに含まれているカフェインの量は、コーヒーより多いと言われています。カフェインは過剰摂取をすると不眠や興奮などの悪い影響が出てきますが、ガラナの場合はコーヒーやお茶のカフェインよりも吸収が穏やかなので、長時間効果が続くとされています。

脂肪燃焼に関しても、すぐに強く燃焼させるよりも長く穏やかに燃やしていくことができます。脂肪燃焼の他にも血行や新陳代謝の促進、鎮痛作用などもあり、医薬品に広く利用している国もあります。

ガラナで脂肪細胞を小さく

最近の研究ではCLA(共役リノール酸)と同時にガラナを摂取すると、脂肪細胞を小さくするだけではなく減少させることが分かりました。ただし、ガラナを飲むだけで劇的に脂肪が減るわけではありません。ましてや、甘いガラナ飲料だと何の効果もありません。

運動と併用することで、脂肪燃焼の効率を上げることができるのです。運動する前にガラナが配合されているサプリメントを飲むと効果的でしょう。

ガラナ摂取時の注意点

その作用が強いだけに副作用の心配もあります。ガラナの場合はたくさん摂取すると、不眠や耳鳴り、頭痛、吐き気などが現れることがあります。また妊娠および授乳中、高血圧症、心臓疾患、動脈硬化、胃潰瘍などの方は利用しないようにしましょう

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!