1485名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

30代の基礎化粧品の正しい選び方・使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

この記事の監修ドクター

広尾プライム皮膚科 医師
谷祐子先生

30代

お肌の衰えが気になり始める30代。疲れがお肌に現われたり、いつの間にかシミができていたりすることも…。目元と口元のシワやたるみが気になり始める方もいるでしょう。

30代の方が基礎化粧品を選ぶ時に注目したいのは、配合されている成分。選ぶ前にまず乾燥やシミ、シワなど…自分の肌の悩みにはどのような成分が効果的なのかを知ることから始めましょう。

乾燥にはセラミド、ヒアルロン酸

女性の肌は20代で皮脂分泌量のピークを迎え、その後は減少していきます。これが30代で肌の乾燥が気になってくる原因のひとつでもあります。しかし乾燥肌に効果的な成分はたくさんあるので、積極的に取り入れていくことで潤いは取り戻せます。

ここでは、乾燥に効果的ないくつの成分をご紹介します。

(1)水分をはさみこむ性質を持つ、セラミド

セラミドは、角質の細胞と細胞の間でサンドイッチのように水分をはさみこむ性質を持っています。ところがこのセラミドは、年齢と共に減っていきますので、基礎化粧品などで補ってあげることが必要です。

(2)水分を抱え込む、ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も元々皮膚の中にあり、自らの200~600倍もの水分を抱え込むことができる高い保湿能力を持っています。水溶性なので、化粧水でも乳液でも取り入れやすい成分です。

30代のシミには美白化粧品を積極的に取り入れて

シミには色々なタイプがありますが、特に紫外線によってできてしまった初期の「老人性色素斑」、ニキビ跡などが残ってしまった「炎症性色素沈着」、ホルモンバランスの乱れなどによってできる「肝斑」などには、美白成分が効果を示します。

美白成分には2種類のタイプがありますので、両方を上手に取り入れてシミを薄くしていくと共に予防もしっかりと心掛けましょう。

(1)できてしまったシミを薄くする美白成分

すでにできてしまっているシミを薄くする働きのある成分には、ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。特にビタミンC誘導体は、メラニン生成を抑制する作用もあるのでシミの予防にも有効です。また、ハイドロキノンは「お肌の漂泊剤」とも呼ばれる美白効果の高い成分です。

(2)シミを予防する美白成分

メラニンを生成するチロシナーゼの活性を抑える成分はアルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸、コウジ酸やプラセンタエキスなどがあります。

30代のシワにはコラーゲンを増やすよう働きかける成分を取り入れる

30歳を越えて年齢を重ねるようになると真皮内のコラーゲンやエラスチンの減少や変性が起こり、シワができやすくなります。残念ながらコラーゲン鍋などで摂取しても、お肌のコラーゲン増加に繋がらないとも言われています。

減りゆくコラーゲンを生成するには、次のような成分を取り入れることが効果的です。

(1)繊維芽細胞に働きかける、レチノール

ビタミンAの一種で、元々人間の体内にあるもの。コラーゲンを作りだす繊維芽細胞に働きかけるので、産生する量を増やす作用があります。ただし、肌の弱い方には刺激が強いこともあるのでご注意ください。

(2)美肌に多彩な効果をもつ、ビタミンC誘導体

肌の奥にビタミンCを届けコラーゲン生成を促進すると同時に、コラーゲンとエラスチンの結びつきを強める働きもあります。それにより、肌のハリを取り戻すことが可能となります。

30代のくすみには、お肌の生まれ変わりを整える

30代で肌のくすみが気になってくる原因のひとつとして、ターンオーバーの乱れが挙げられます。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。この周期は20代では約28日であったのが、30代では約40日と大きな差が生じてきているのです。それにより溜まった古い角質を取り除き、ターンオーバーの周期を整えることが、くすみを改善するためには効果的です。

ピーリング効果のある、AHA

グリコール酸やフルーツ酸などの総称で、余分な角質を取り除く効果があります。石鹸やローションなど色々なものに配合されていますが、拭き取り用化粧水に配合されているものは刺激が強いこともあるため、最初は洗顔石鹸などから取り入れるのがオススメです。

このように、お肌の悩みごとに効果的な成分を知ってスキンケアアイテム選びに役立てていくことが30代からの基礎化粧品選びには大切です。そして、それが今後も続く肌の老化を少しでも遅らせていくことに繋がります。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート