5155名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

脱毛サロンの「フラッシュ脱毛」とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

脱毛サロンの「フラッシュ脱毛」とは?

フラッシュ脱毛とは?

フラッシュ脱毛とはIPL(インテンス・パルス・ライト)などの光によって毛根のメラニンに働きかけ、毛の再生力を弱らせる脱毛法です。サロンによっては、「光脱毛」「IPL脱毛」と表現するところもありますが、カメラのフラッシュライトのような光なので、主に「フラッシュ脱毛」と呼ばれています。器械によって光の波長や照射する時間などが若干異なり、それによりどのタイプの肌に適応するのか(色白の肌、黒い肌など)も変わります。

毛周期と脱毛期間

毛には「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルがあり、それを毛周期と呼びます。

脱毛は成長期に行います。退行期は毛が抜ける時期、休止期は毛が生えてこない時期なので、脱毛してもその効果はありません。休止期は、顔で約1か月、それ以外の部位では約2か月となっていますので、それぐらいの期間を空けて施術を行うと効果的です。

成長期の毛に光を当てると、1~2週間後にその毛が抜けていき、1~2か月弱ツルツルの状態になります。次の成長期の毛が生えてきたら、再度脱毛を行うのですが、この繰り返しによって毛がだんだん細く薄くなってきます。通常は、2~3か月に1回ぐらいの施術を2年間ほど繰り返して終了となります。

フラッシュ脱毛の効果とメリット

フラッシュ脱毛の器械は、もともとフォトフェイシャルという施術で使われていたものです。これは、毛穴を引き締め肌を明るくするといった目的の施術ですが、これにより毛が薄くなったという報告があり、ドクターの間でIPLでも脱毛ができるのではないかという検証が行われました。その結果、脱毛効果が確認され、サロン等でも使われるようになったということです。もともと美肌目的で作られた機器であるだけに、フラッシュ脱毛にはムダ毛ケアのほかに美肌という+αの効果もあります。

また、広範囲に光を照射できるので、背中などの広い範囲を脱毛する場合にも向いていますし、施術時間も短時間で済みます。レーザー脱毛よりも痛みが少ないなどのメリットもあります。

その一方で、永久脱毛を謳えるほどの効果が検証しきれていないという課題があります。また、出力が弱いフラッシュ脱毛では薄い産毛などには反応しにくいケースもあり、限りなくムダ毛のない状態には近づける不再生脱毛としか言えません。

パーティなどで腕や脚を露出する服を着たい、リゾート地で水着になりたいといった予定がある人は、毛が抜けるタイミングと時期を考えて施術を行いましょう。また、体調が悪い時や日焼けがひどい時にはトラブルが起きやすいので、施術できない場合があります。コンディションを整えて施術を受けるようにしてください。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート