1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

顔のムダ毛のカミソリによる自己処理方法・脱毛方法

更新日:2017/12/14 公開日:2014/07/01

顔の脱毛ムダ毛処理

顔の産毛には、ホコリや外部の刺激から肌を守る役割があります。かつてはこうした役割が非常に重要となっていましたが、皮膚科学が発展し優れたスキンケア方法が続々と生まれている現代は、産毛を脱毛してもほぼ問題ないであろうとされるようになりました。

カミソリを使った顔のムダ毛処理方法

カミソリでの処理は、最も簡単な顔のむだ毛処理方法と言えます。やり方は、まずカミソリの滑りがよくなるよう顔にクリームをたっぷり塗ります。その後、毛の流れと逆方向に皮膚を軽く引っ張り、毛の流れに合わせて剃っていきます。同じところを何度も剃ると皮膚を傷つけてしまうので、なるべく1回で終えるようにしましょう。顔全体を剃り終わったら、濡れタオルで拭き取るか、顔を洗います。顔そりが終わったら、化粧水や乳液などでしっかり保湿しましょう。

細かいところもきちんと剃りたい人にはL字型でヘッドが小さめのカミソリがベストですが、T字型のカミソリが一番安全なので、慣れていない人にはこれをオススメします。あまり頻繁に剃ると角質が傷つきやすくなるので、3週間~1か月に1回ぐらいの間隔で剃るようにしましょう。

ワックス脱毛やサロンでの顔脱毛

肌が比較的強い人には、ワックス脱毛という方法もあります。シート状になったワックスを使い自分で脱毛することもできますし、ブラジリアンワックス脱毛のサロンで施術してもらうこともできます。オーガニックなど、肌にやさしいと謳っているワックスが多いですが、塗って剥がすという行為自体が肌にある程度の負担をかけるため、肌の弱い人にはオススメできません。

クリニックや脱毛サロンで顔脱毛する方法もあります自己処理の面倒から解放されたいという人にはオススメです。顔脱毛は、主にレーザーや光(フラッシュ)脱毛で行われます。毛の再生力をより抑えたい人はレーザー脱毛を、美肌効果を求める人は光脱毛を選ぶと良いでしょう。ただし、レーザーは産毛には反応しにくい特徴があるため、10回以上照射する必要が可能性としてはあること。薄い毛や産毛などに関してはあまりなくらない可能性もあるとを知っておくべきでしょう。

いずれの方法でも、脱毛や顔そりは肌に多少の負担をかけるので、日焼けの直後や生理中の肌が敏感になっている時のお手入れは避けましょう。肌のコンディションを見て行ってください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー