スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

Vラインの脱毛は形にもこだわりが!処理方法と注意点

更新日:2017/12/19 公開日:2014/07/01

Vラインの脱毛方法と注意点

Vラインとは、身体の正面から見たときのショーツ付近のライン=ビキニラインを言います。最近ではサロンやクリニックなどで施術をする際に、デザインを相談することが主流となっています。

Vラインのデザイン

Vラインのデザインには、主に下記のようなものがあります。

  • 逆三角形型:最もシンプルな一般的なタイプ
  • Iライン型:センターを5cmぐらい残してIの字にするタイプ
  • ハート型:正面から見たときにハートの形に見えるタイプ
  • 丸型:卵のような丸いライン。
  • 全処理:すべて処理してしまい、何も残さない対応。

デザインはあくまでも好みであり、どんな下着や水着をつけるかによっても変わってきます。

チクチクしにくい自己処理の方法と注意点

Vラインは自分でも見えやすい部分なので、シェービングやワックス脱毛、除毛クリームなどでお手入れできます。毛を剃る場合は、カミソリよりも電気シェーバーのほうがオススメです。刃が直接肌に触れないので、角質層を傷つける心配が少なくなります。自己処理をする際は、まずお風呂で清潔にした後、長い毛を短くカットしておきます。角質層を削ってしまわないようワセリンを薄く塗り、蒸しタオルなどで処理する毛を柔らかくしてからシェービングするようにしましょう。剃った後は再びワセリンを塗り、角質層が傷つかないようケアしてください。シェービングすると、再び生えてきたときに毛先がチクチクするといった問題が起こりやすいのですが、ヒートカッターを使って毛先を丸くするとチクチク感が軽減されます。

ワックス脱毛は剥がすときに角質も一緒に剥がれる可能性があるため、肌が敏感な人には負担の大きい脱毛法です。除毛クリームは痛みもなくお手軽ではありますが、見えている部分の毛のタンパク質を壊して取り除く方法であるため、毛根は残っている状態であり、再生力が高いと言えます。最近は家庭用の光脱毛器もあり、これを使ってVラインを脱毛する方法もあります。

いずれの方法でも、自己処理の場合は肌に多少なりとも負担をかけてしまいます。自分に合った方法で、できるだけトラブルのないように気をつけて行うようにしましょう。

クリニックやサロンでの脱毛はどこを選ぶ?

クリニックや脱毛サロン、エステサロンでのVラインを脱毛は、ここ何年かの間でかなり一般的になりました。価格も、1回あたり数千円から1万円程度と、比較的リーズナブルになっています。

一言でVライン脱毛と言っても、脱毛範囲はクリニックやサロンによって違います。たとえば、ショーツのラインから見えない程度だけ脱毛してくれるところから、ボクサーショーツくらいの範囲まで脱毛OKとしているところまで、さまざまです。使っている機器もクリニックやサロンによって違い、それにより脱毛効果や痛みなども違うため、検討する際は、価格や通いやすさはもちろん、機器や脱毛範囲など、総合面で判断することをオススメします。

また、テスト照射をしっかり行ってくれるかどうかや予約のとりやすさ、キャンセルに関するルールなどもしっかり把握しておきましょう。Vラインはデザインも大切なので、カウンセリングが丁寧かどうかという点も要チェックです。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー