1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

角質層が薄い「ビニール肌」の特徴と改善方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

ビニール肌

透き通るようなツヤのある肌は、世の女性の憧れです。しかし、それが角質層を削りとってしまってつくられた不自然なツヤであれば、健康な肌とはとても言えません。

このような肌は感覚が敏感になっていますので、少しの刺激で赤くなったりかゆくなったり、ピリピリとした痛みを感じたりし、やがては赤みやかゆみ、ピリピリが引かなくなってしまいます。

角質がはがれてキメがなくなってしまった状態の肌を、「ビニール肌」と言います。具体的には、以下のような状態になっているとビニール肌の疑いがあると言えます。

  • 肌のキメが見当たらない(ビニールのようになっている)
  • 洗顔直後に顔がつっぱる
  • 洗顔後、タオルで顔を拭いたすぐ後でもツヤツヤ、テカテカしている

ビニール肌の原因は?

ビニール肌は間違ったスキンケアによって引き起こされます。間違ったスキンケアとは洗顔時に顔を強くこすってしまったり、濃いメイクを長時間落とさなかったり、クレンジングで必要以上に油分を取ってしまったりすることです。

またニキビや肌荒れの原因が古い角質のせいだと考え、ピーリングをしすぎることでビニール肌になってしまうことも多いようです。

実は、ニキビや肌荒れの原因の多くは肌のターンオーバー(新陳代謝)サイクルが早すぎることにあり、古い角質層がはがれないことではないのです。

ターンオーバーが早過ぎると角質細胞がしっかり育ちきらず、未熟なままで角質層を形成します。同様に角質を落とす分解酵素も十分に分泌されないため、未熟な角質細胞が重なってしまうことになります。

このような状態の角質層は、角質層自体は薄くても未熟な細胞が重なっているため、余分な皮脂を外に排出することができず、ニキビや炎症を起こしてしまうのです。

ビニール肌の改善方法

上記のように、肌のためを思って色々とお手入れをしている人ほどなりやすいのがビニール肌です。よって、これを改善するために最も大切なことは、肌にそれ以上の刺激を与えないことです。

まず洗顔やスキンケア、顔を拭く時などは、ゴシゴシとこすらないように注意しましょう。石鹸や化粧水、クリームなどの肌に塗るものは、防腐剤などの刺激物や添加物が含まれていないものを使うことが大切です。

また、化粧は薄く、クレンジングオイルは使わず、洗顔後も多少ベトベト感が残るくらいに油分を残すようにしましょう。

これらを行うだけでもビニール肌は改善していきますし、時間をかければ健康な角質層が育ち、水分がありふっくらとしたトラブルの少ない健康な肌に戻すことが可能です。

※肌の赤み・肌荒れのケア方法は「顔の皮膚がヒリヒリ・ピリピリ痛い時の正しいケア方法」をご覧ください。また、具体的なスキンケア成分については、「赤ら顔を改善するための化粧品えらび」をご参照ください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート