医師に聞く!こむら返りの正しい治し方と対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/05

足がつる・こむら返りの予防・治し方

こむら返りの対処方法は一般的に脚を伸ばすことですが、果たして正しい方法なのでしょうか?こむら返りの正しい対処方法や治療方法をドクター監修の記事で紹介します。

澤田彰史先生

この記事の監修ドクター

東京警察病院 医師
澤田彰史先生

こむら返り

こむら返りの正しい対処方法

こむら返りの対処法というと「脚を伸ばす」のが一般的ですが、本当に正しい方法なのでしょうか?今回は専門医が教える、こむら返りの正しい対処方法を紹介します。

こむら返りは、ふくらはぎの腓腹筋(ひふくきん)という筋肉が異常に収縮することで起きます。この仕組みを理解した上で、正しく対処する必要があります。

つまり、この収縮した筋肉・腓腹筋を伸ばすことが正しい対処方法となります。腓腹筋を伸ばすには、つま先をすねのほうに引き上げるように上げ、ふくらはぎとアキレス腱をストレッチします。

イラスト1

この時、自分の手でつま先をつかんで、すねのほうに引き上げるというのでもいいでしょう。この足を引き上げた状態を8秒間ほど続けて、

イラスト2

ゆっくりと元に戻します。

 

イラスト3

この動作を、痛みがなくなるまで続けます。

 

こむら返りの対処方法のコツ

こむら返りを正しく対処するにはコツがあります。それは、ただ単に「脚を伸ばす」のではなく、「アキレス腱を伸ばす」ことに意識を集中させることです。このことで、確実にこむら返りを解消することができるでしょう。

普段からやっておきたい、こむら返りの予防策

普段からふくらはぎの筋肉を伸ばすマッサージやストレッチを行っておくと、こむら返りや、足がつることに対する予防になります。

またカルシウムやマグネシウム不足などの電解質異常が原因で、こむら返りや足がつることが起きることもあります。普段からカルシウムやマグネシウムなどが豊富に含まれる食べ物を、意識的に摂取するようにしましょう。カルシウムやマグネシウムはイワシやサバなどの魚や、ひじき・わかめ・こんぶなどの海藻類に多く含まれています。

また、ビタミン不足も原因となる場合があります。サプリメントなどを利用して普段から摂取しておくといいでしょう。

病気の可能性も!頻繁に起きる場合には医療機関の受診を

こむら返りは健康な人でもしばしば起きるものなので、特に検査が必要というわけではありません。ただし一週間に1回以上など頻繁にこむら返りが起きる場合は、一度、原因となる疾患がないかどうかの検査が必要です。

医療機関では漢方薬や筋弛緩薬、湿布薬などを処方して対処する場合もあります。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科