痙攣が発生する原因とメカニズム

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/05

こむら返り・足がつる原因

ぶたや顔がピクピクしたり、足がつったりした時に起きる痙攣。その原因はどこにあり、どのようなメカニズムで起きるものなのでしょうか。ドクター監修の記事で痙攣が発生する原因とメカニズムを紹介します。

澤田彰史先生

この記事の監修ドクター

東京警察病院 医師
澤田彰史先生

痙攣

足がつったり、まぶたがピクピク動いたり、顔が硬直してピクピクしたりした経験はありませんか?これらは自分の意思とは関係なく起きる筋肉の動きの1つで、「痙攣(けいれん)」が起きている状態と言えます。しばらく症状が続くのが特徴で、多くの場合は脳や運動神経系の異常が引き起こすと考えられています。

痙攣(けいれん)とは

痙攣(けいれん)とは足や全身、顔やまぶたなどの筋肉が急に収縮したり、筋肉が意志とは関係なくピクピク勝手に動いたりすることを言います。足がつった時などは強く筋肉が収縮するため、痛みを伴うこともあります。

痙攣は、意志とは関係なく全身または一部の骨格筋が収縮することの総称です。

痙攣(けいれん)の原因

痙攣(けいれん)の原因は、脳によるものと脳以外の原因が発端となって脳に機能障害をもたらすものとがあります。

<痙攣の主な原因>

  • 筋肉の疲労
  • 目の酷使と睡眠不足
  • 高熱
  • 痙攣を引き起こす疾患
  • ストレス

痙攣(けいれん)が起きるメカニズム

なぜ足がつったり、筋肉が勝手に収縮したりするのでしょうか?それぞれの原因から、どのようなメカニズムで痙攣の症状が起きるのかを紹介します。

運動のしすぎによる筋肉の疲労が原因の場合、命令の伝達を行っている筋肉の内部にあるカルシウムやマグネシウムなどのバランスが乱れることによって、突然筋肉が収縮すると言われています。また筋肉の疲労は足、背中や腹筋、指、腕などの部位に起きることが多いと言われています。

まぶたがピクピクと痙攣するのは、ストレスや目の酷使による疲れや睡眠不足が原因だと言われています。また末梢神経が筋肉のコリやむくみによって圧迫されることが原因の場合もあります。

他にも、乳幼児に多い高熱が引き金となって起きる全身の痙攣もあります。さらに全身の痙攣を起こす疾患であるてんかん、ウイルス性脳炎、破傷風などが原因の場合もあります。

この病気・症状の初診に向いている科 脳神経外科

今すぐ読みたい