水虫(足白癬)の症状

更新日:2016/12/09 公開日:2014/06/06

水虫の基礎知識

カビの一種である白癬菌が繁殖し感染することで発症する水虫(足白癬)。ひとことで水虫と言っても、その症状はさまざまな種類に分類されます。症状の種類によって対処法も異なるので、それぞれの特徴を理解することが大切です。ここではドクター監修の元、水虫(足白癬)の症状とその種類について詳しくお伝えします。

水虫(足白癬)の症状

水虫(足白癬)の症状

水虫(足白癬)には主に、指の間に生じる「趾間(しかん)型」、水ぶくれができる「小水疱(しょうすいほう)型」、足の皮膚が分厚く硬くなる「角質増殖(かくしつぞうしょく)型」の3種類に分類されます。

趾間型(しかんがた)

趾間型は水虫(足白癬)の中で最も多い症状です。足の趾の間の皮膚がはがれたり、赤く腫れあがります。強いかゆみを伴うのが特徴です。皮がむけてジメジメし赤くただれることが多くあります。稀に皮がむけると縁が硬くなってひび割れることもあります。

小水疱型(しょうすいほうがた)

多くの場合、足の裏や側面などの毛が生えない皮膚の厚い部分に発症します。読んで字のごとく、たくさんの小さな水ぶくれが現れ、かゆみを伴います。水ぶくれのまわりが赤く腫れあがることもあります。小さな水ぶくれが集まってかたまりになるとかゆみも強くなります。

さらに二次感染や塗り薬でかぶれを生じることがあります。水ぶくれが破れたときに出る汁には白癬菌は生息していないので触れてしまっても感染する恐れはありません。

角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)

角質増殖型は一見水虫だと判断しにくいタイプです。足の裏全体の角質がぶ厚く硬くなり、ガサガサしてひび割れを起こすこともあります。特にかゆみもなく、水疱もないので単なる乾燥だと思い気付かない方が多くいます。

しかし皮がむけて床に落ちやすいため、家族に感染する可能性が非常に高いので注意が必要です。爪白癬を合併しやすいのも特徴の1つだと言えるでしょう。

水虫(足白癬)と間違えやすい病気

皮膚の病気の中には水虫(足白癬)とよく似た症状が現れるものもあります。その病気によって対処法も異なりますので、症状が長期化したり悪化する場合には以下の病気の可能性があるので、ドクターの診察を受けるようにしましょう。

接触皮膚炎(かぶれ)

かゆみが出て赤くなったり、ただれや水ぶくれなどの症状が現れます。絨毯や靴下、床や革靴の染料などに触れると炎症を起こします。

汗疱性湿疹

足に汗をかきやすい体質の方に多く発症します。皮がむけてかゆくなる、皮膚に水疱ができるなどの症状が現れます。

皮膚カンジダ症

白癬菌ではなくカンジダというカビの一種が感染して発症する病気です。足の趾の間がジメジメしてふやけた状態になります。

細菌の感染

皮膚の表面に生息する常在菌が、趾の間などの湿った場所で増殖し、ただれて悪臭を発します。

今すぐ読みたい