1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

白と黒のメラニンが分かれ道!敏感肌のシミケア

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/30

この記事の監修ドクター

四谷三丁目皮膚科 院長
山田美奈先生

黒色メラニン発生を防ぐメカニズム

黒色メラニンの発生メカニズム

敏感肌は肌内部で微弱炎症を繰り返しているため、メラノサイトが刺激され、メラニンが生成しやすい状態になっています。さらに、ターンオーバーも乱れがちのため、次々と作られるメラニンを含んだ古い角層がうまく剥がれ落ちずに、シミになって定着してしまいます。そう、敏感肌はシミやくすみが定着しやすいのです。

敏感肌のシミを防ぐスキンケアは、色々な方法があります。例えば、「UVカット」「活性酸素を抑える」「メラニンが黒くなる際に働く酵素チロシナーゼの働きを抑える」「できてしまった黒色メラニンを白に還元する」などです。

メラニンと言うと「黒」と思いがちですが、実はメラニンには黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)があります。肌の色や髪の色は、この肌色メラニンと黒色メラニンの割合で決まるのです。 なので、もし「UVケアを怠ってしまった!」という場合でも、発生するメラニンを黒色メラニンにせず、肌色メラニンにすることができれば、裏技的ですが、敏感肌でもシミのない透明感のある肌づくりができます。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

肌色メラニン化を促すデイリリー花発酵液

複数ある敏感肌の美白アプローチの中で、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドディセンシアがポーラ研究所と共に着目したのは「デイリリー花発酵液」。デイリリー花発酵液はユリ科のデイリリーから抽出した成分です。黒色メラニンができるプロセスは、チロシンというアミノ酸が酵素チロシナーゼと合体し、ドーパキノンなどの化合物に変化し、最終的に黒色メラニンになります。このプロセスは酸化によって起きるのですが、デイリリー花発酵液は抗酸化作用があり、肌色メラニン化をサポートする「グルタチオン」にアプローチすることで、メラニンを肌色メラニンへと導く作用が期待できます。

デイリリー花発酵液は、美白有効成分・アルブチンと一緒に使うことで、高い効果を発揮することがわかっています。アルブチンには、チロシナーゼの活性を抑制し、チロシンとの合体を防ぐ作用があり、さらにデイリリー花発酵液と同様にグルタチオンの合成を促す効果があります。デイリリー花発酵液単体で使った場合と、アルブチンとデイリリー花発酵液を同時に使用した場合を比較した結果、後者のほうが130%もメラニン生成抑制作用が高まることが明らかになりました。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート