1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

毛穴タイプ別に解説!化粧品選びのポイント

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

この記事の監修ドクター

広尾プライム皮膚科 医師
谷口由紀先生

毛穴トラブル対策に選ぶべき化粧品とは

黒ずんだ毛穴や開いた毛穴、ニキビなどの毛穴トラブルに悩んでいても、特に対策をせずメイクやマスクなどでごまかしている、という方は珍しくありません。しかしその根本的な原因を理解せず、適切なスキンケアをせずに放っておくと、毛穴の状態はさらに悪化してしまいかねません。ここでは毛穴トラブルを3つに分類し、タイプ別に原因と化粧品を選ぶ際のポイントを紹介します。

「汚れ詰まり毛穴」

原因

ホコリや古い角質、落とし切れていないメイク汚れなどが毛穴から分泌される皮脂と混ざって角栓となり、毛穴内部に詰まると「汚れ詰まり毛穴」になります。この毛穴詰まりをとろうと、洗顔時に強く擦ったり、何度も毛穴パックをつかったりすると、肌に必要な角質まではがしてしまい、毛穴へのダーメジや余計に皮脂を分泌させて毛穴詰まりを悪化させてしまうことがあるので要注意です。

化粧品を選ぶポイント

ターンオーバーの崩れによって肌に残る古い角質が、皮脂と混ざって毛穴を詰まらせる汚れ詰まり毛穴は、ターンオーバーを正常化させることで予防に繋がります。AHAなどのピーリング成分が配合された化粧品を選ぶことで、ターンオーバーの正常化を促すことが可能です。また、薬用炭が配合されている化粧品には過剰な皮脂を取り除く効果が期待できます。

「たるみ毛穴」

原因

開いた毛穴が楕円形のような状態になり目立ってしまう「たるみ毛穴」。この主な原因は、加齢などによって真皮のコラーゲンやエラスチンが弱り、毛穴を支えきれなくなってしまうことにあります。

化粧品を選ぶポイント

ビタミンCにはコラーゲンの重合(生成)を助ける効果があります。肌のたるみ、毛穴のたるみで悩んでいる方はビタミンC配合の化粧品を選んでみるのもよいでしょう。しかし、ビタミンCは成分自体が壊れやすく、皮膚から浸透しにくい性質があります。そこで改良を加えた誘導体型のビタミンC(ビタミンC誘導体)は、肌への浸透力が高くなります。化粧品の成分表示には「リン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と表示されています。

ビタミンAの一種であるレチノールにもコラーゲンを増やす働きがあります。ただし刺激が強い成分なので、レチノール配合の化粧品は人によっては肌にカサつきを感じる場合もあります。

「帯状毛穴」

原因

大きなしわの原因にもなる帯状毛穴。これは、乾燥や皮脂の過剰な分泌によって開いた毛穴がたるみ、毛穴同士が小じわで結ばれることによって起こります。帯状毛穴は脂性肌の方に多く見られるといわれています。これは皮脂の分泌量が多いため、毛穴が開きやすい状態にあるからと考えられます。

しかし、その皮脂を取り除こうとして過剰な洗顔などを行うと、肌は皮脂が不足していると判断し余計に皮脂を分泌させてしまいます。つまり、皮脂による毛穴トラブルの場合でも、肌を乾燥させないように心がけ、保湿ケアをしっかり行うことが重要なのです。

化粧品を選ぶポイント

セラミド・ヒアルロン酸・トレハロースなどの糖類は、水分を含んで肌の表面を潤してくれる保湿成分です。これらの成分が配合された化粧品を選ぶことも、保湿ケアを重要とする帯状毛穴対策には有効です。

※もし4分類でニキビ毛穴を入れるなら。

(1)雑菌・皮脂の炎症による赤みを帯びたニキビ毛穴は抗炎症作用のあるビタミンCが含まれる化粧品が良い。

(2)ニキビ痕毛穴開大は、真皮のトラブルなので化粧品で改善は難しい為、医療機関受が望ましい。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート