1451名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

毛穴が気になるときの乳液・クリームの選び方・使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

この記事の監修ドクター

広尾プライム皮膚科 医師
谷口由紀先生

毛穴が気になるときの乳液・クリームの選び方・使い方

乳液とクリームは、毛穴ケアに重要な保湿ケアの仕上げとなるスキンケアアイテムです。しかし、乳液とクリームはそのテクスチャーの濃厚さや保湿力の高さから混同されがちで、どちらか一方しか使っていないという方も少なくないのでは?

しかしそれはとてももったいないことなのです。また、オイリー肌や乾燥肌など人それぞれに肌質も違えば選ぶ乳液、クリームのタイプも変わってきます。ここでは、乳液とクリームそれぞれの働きや肌質に合わせた選び方、効果的な使い方を詳しく解説していきます。

乳液とクリームの違いと役割

開きや詰まり、黒ずみ、たるみなど、様々な毛穴トラブルの多くは、肌の潤い不足が大きな原因と言えます。保湿ケアをするとベタついてしまいそう、などという理由で保湿ケアを行っていないと、逆に皮脂分泌が活性化し、より多くのトラブルが生じるという悪循環に陥ってしまいます。そこで重要なのが、保湿ケアに不可欠な「保湿力」を持つ乳液やクリームです。それでは、それぞれの働きとその必要性について確認しておきましょう。

乳液の主な働きは、肌に油分を補い潤いを保ちながら肌表面を柔軟にすること、クリームは乳液と同様に肌に油分を補うことに加え、より高い保湿力で乾燥や外的刺激などから肌を保護する働きをします。そして、決定的な両者の違いはその「保湿持続力」です。

乳液はあくまで保湿しながら肌を柔らかくしてキメを整える、ふっくらさせる働きがメインですので、肌の水分に一時的にフタをする持続力があります。そしてクリームは肌の保湿と保護の働きが強いので、肌の水分に長時間ラップをかけるような効果があります。

乳液とクリームを併用するのは毛穴対策のための保湿ケアにおいて、とても大切なことです。

肌質タイプ別!乳液・クリームの選び方

毛穴トラブルを抱える方の肌は、オイリー肌、乾燥肌、混合肌に分けてそれぞれに合った乳液・クリームを選ぶことで、その保湿効果の結果が大きく違ってきます。

オイリー肌にオススメの乳液・クリーム

元々、皮脂の分泌量が多めの方は、なるべく水分量が多めに配合されていてスーッとなじむようなテクスチャーのものを選び、肌に伸ばす際は美容液を多めにして乳液やクリームはごく薄い膜を張るようなイメージで行いましょう。オイリー肌の方は、肌の水分量と皮脂量のバランスが皮脂量に傾きがちで、肌表面が酸性になっている傾向があります。そのため、黒ずみやニキビが多く生じてしまうのです。そこで有効と言えるのが抗酸化作用のある活性酵素である、ビタミンC・E、アスタキサンチン、アントシアニンなどの成分を含んだものを選ぶとよいでしょう。

乾燥肌にオススメの乳液・クリーム

肌が乾燥してカサカサしているからといって、美容オイルや成分のほとんどが油分のものをつけてしまうのは意外にも肌に負担がかかります。大切なのは、たっぷりの水分量を補って、必要最低限の油分で膜を張り保護することです。それらを助ける成分として、角質層の潤いを補い保持するセラミドやイソフラボン、リピジュアや、年齢とともに減少しがちなヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分をオススメします。

混合肌にオススメの乳液・クリーム

皮脂を分泌する毛穴の数が特に多い鼻を含む、おでこから顎(あご)にかけてのTゾーンはベタつきやテカリが気になるけれど、頬や口元、目元は乾燥してカサカサしてしまうというタイプが混合肌です。この場合、顔全体にはセラミドなどの保湿力が高く水分量と皮脂量のバランスを整える成分を、Tゾーンには抗酸化作用のある活性酵素のビタミンC・Eなどの成分を意識的に浸透させることが効果的です。

乳液・クリームの効果的な使い方

乳液とクリームが持つ働きや効果を確認したところで、それぞれの効果的な使い方についてご紹介します。

乳液

基本的な使い方としては、製品ごとに決められた適量を、乾燥しやすい部分から乗せていき、顔の中心から外側に向けて軽く伸ばしていきます。手で伸ばす際には円を描くように伸ばすと良いでしょう。オイリー肌には薄く膜を張るイメージで、乾燥肌や混合肌の方は、特に乾燥している部分にはコットンは使わず、乳液を軽く伸ばしたら両手の平で軽く押え込むようにケアしましょう。

クリーム

製品にもよりますが、パール大1個分を目安に指先に取り、しばらく両手の指先を合わせて体温と同じくらいの温度に温めます。そうしたら、頬、口元、目元、Tゾーンの順で少量ずつ乗せていき、外側に向けて優しく伸ばしていきます。特に乾燥しがちな目元や口元にはほんの少量を重ねづけすると良いでしょう。目元は他の部分に比べ皮膚がとても薄いので、目元専用のアイクリームなどを併用するのもよいでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート