1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

オリーブスクワランの特徴と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

オリーブスクワラン

スクワランとは?

化粧品の成分表示などで目にするスクワランとは、スクワレンという哺乳類や植物などに含まれている成分を水素添加させて作った無色の液体のことです。潤滑性に優れており、クリームや保湿剤、軟膏などの化粧品成分のほか、潤滑油、離型剤として工業用にも使用されています。

スクワレンは、人間や深海鮫、オリーブオイルや米ぬか油などの植物油の中に含まれています。水素添加させるのは、スクワレン自体が酸化しやすい成分であるためです。酸化しやすい成分は化粧品や工業製品に向かないため、酸化しにくい物質であるスクワランに変化させて使用するというわけです。

サプリメントには、酸化しないようカプセルで包むなどしてスクワレンそのものが使用されています。

植物性スクワランの特徴

植物性スクワランは、原料となる植物油を複数回蒸留させて作られます。原油の中には不必要な成分も含まれているため、蒸留を繰り返し純度を高めていく作業が必要なのです。

植物性のスクワランというと、オリーブオイルから抽出されたものが多いです。それは、オリーブオイルのスクワレン含有量が、他の植物よりも比較的高いためです。

もともと果実や種子の中にスクワレンが含まれることは知られていましたが、その含油量が少ないことから、多くは深海鮫から抽出されたものが使用されてきました。しかし、現在ではその抽出技術の発展から、植物性スクワランの使用も増えてきています。

植物性のスクワランは、深海鮫から抽出されたものに比べて純度は低くなりますが、「ブリスタン」という刺激物を含まないことから、オーガニックコスメやマッサージオイルなどによく使用されています。

オリーブスクワランの効果

では、オリーブスクワランには具体的にどのような効果があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

美肌効果

美肌には、何より保湿が大切です。乾燥はちりめんジワやニキビの原因となります。スクワランは天然の乳化剤で、皮脂膜の代わりにお肌を守り、美肌効果が期待できます。

浸透作用

人間の皮膚を覆っている皮脂には異物の混入を防ぐ作用があるため、薬剤を直接湿布しても皮膚の中まで成分を浸透させることが困難です。しかし、スクワレンはもともと人間の体内に存在する成分を変化させた成分であるため、皮脂にはじかれることなく角質層への浸透がスムーズです。

この作用により、スクワランと薬剤を一緒に使用することで、有効成分を浸透させやすくなります。

ちなみに、食用のオリーブオイルには製造工程によりスクワレンが含まれていません。顔や身体に塗っても上記のような効果は期待できないため、お気を付けください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート