1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

肌悩み・症状別のオススメアロマオイル

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

肌悩み・症状別のオススメアロマオイル

肌の調子を整える作用のあるアロマオイル(精油)が多くあります。アロマオイル(精油)を使用したスキンケアは、香りによるリラクゼーション効果も得られるので一石二鳥です。

お肌の悩みや症状別にオススメの精油

まずは自分のお肌の状態をしっかりと把握して、それに合うアロマオイル選びから始めましょう。

(1)乾燥肌

保湿のためには、皮脂を調整して皮膚細胞の働きを高めるアロマオイルが有効です。

・サンダルウッド…皮脂分泌調整作用、エモリエント作用(皮膚を柔らかく潤す作用)

・キャロットシード…皮膚細胞活性作用

・パルマローザ…皮膚細胞活性作用

(2)脂性肌

オイリーなお肌には、収れん作用や皮脂の分泌を調整する作用のあるアロマオイルがオススメです。

・サイプレス…皮脂の過剰分泌抑制作用

・レモン…収れん作用

・イランイラン…皮脂分泌調整作用

・ゼラニウム…皮脂分泌調整作用

(3)シミ・くすみ

血行を促進したり、新陳代謝を高める作用のあるアロマオイルがオススメです。

・ネロリ…新陳代謝促進作用

・キャロットシード…抗酸化作用、皮膚細胞活性作用

・ゼラニウム…血行促進作用

・ローズウッド…皮膚細胞活性作用

(4)シワ・たるみ

お肌のハリに必要なのは、保湿や収れん、皮膚細胞を活性させる作用です。

・サンダルウッド…皮脂分泌調整作用、エリモント作用(皮膚を柔らかく潤す作用)

・ネロリ…新陳代謝促進作用、収れん作用

・フランキンセンス…収れん作用、皮膚細胞活性作用

・ローズオットー…収れん作用、保湿作用

(5)ニキビ

皮脂分泌を調整し、ニキビの炎症を起こすアクネ菌の繁殖を抑える作用のあるアロマオイルがオススメです。

・シダーウッド…殺菌・消毒作用、収れん作用、うっ滞除去作用

・サンダルウッド…抗炎症作用、収れん作用、皮脂分泌調整作用

・ラベンダー…殺菌・消毒作用、抗炎症作用

・ティーツリー…抗菌作用、抗炎症作用

(6)日焼け

お肌が軽いやけどを負った状態です。アロマオイルは抗炎症作用のあるものを選びましょう。

・ラベンダー…抗炎症作用、鎮痛作用、殺菌・消毒作用

・ペパーミント…冷却・鎮静作用、殺菌・消毒作用

アロマオイルを使ったケア方法

アロマオイルを選んだら、その有効成分を肌にどのように与えるかがポイントです。

顔をはじめとするお肌には、アロマバスやマッサージオイル、化粧水、フェイシャルスチームなどの方法が良いでしょう。自身で手作りもできますし、アロマオイル(精油)が配合されたナチュラルなスキンケア製品もあります。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート