1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

そばかすの化粧品での正しいケア方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/08/01

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

そばかすの化粧品での正しいケア方法

そばかすはなぜできる?

「そばかす」は、比較的肌の白い人にできやすい茶褐色の斑点状のシミで、顔では鼻を中心に、身体では背中や胸のあたりに出現します。幼児期から思春期にできるそばかすは先天性のもので、思春期後に薄くなって消えることがあります。しかし、なぜ消えるのか、その理由はまだはっきりとわかっていません。

また、大人になってからできる後天性のそばかすもあります。これは、紫外線や摩擦などの刺激、喫煙や飲酒、ストレスにより発生すると言われています。先天性のものとは違い、年を重ねると共に濃くなっていくという特徴があります。

化粧品によるそばかすのケア方法

できてしまったそばかすは、紫外線や肌への刺激などで濃くしないことが大切です。子供は肌が敏感なので、ノンケミカルの子供用UVクリームを使うようにしましょう。

また、海などで日焼けして炎症を起こしてしまったら、まずは冷やしてほてりを冷まし、ワセリンなどで保湿してください。ビタミンCが配合された化粧品を使用するのも効果的です。

大人になってからのそばかすケアは、基本的には紫外線が原因のシミのケアと同じです。先天性のそばかすが大人になって消えても、極端に日焼けした後や妊娠中に再びできることがあります。

そばかすができる人はもともと色白で、日焼けをすると肌がすぐに赤くなるタイプの人が多いので、UVA、UVBともにしっかりとカットすることが大切です。また、刺激を与えるとそばかすが濃くなるため、洗顔時にはゴシゴシ擦らずに、きめ細かい泡で優しく洗うようにしましょう。

化粧品でのケアとしては、美白成分配合のものを使い、メラニンをできるだけ作らない、できたメラニンを還元するといったお手入れを続けます。また、日焼けをすると肌が乾燥しやすくなるので、十分な保湿も心掛けましょう。

酸化はシミ・そばかすだけでなく、肌の老化を促す原因にもなります。これを防ぐためにも、ビタミンCやL-システインが配合された化粧品を積極的に使用するようにし、食事の際にも、抗酸化作用のあるビタミンCをはじめとしたビタミン類をしっかり摂取するようにしましょう。

またサプリメントからビタミンC、L-システインを摂るのも良い方法です。

美容皮膚科での治療も効果的です。レーザーや光治療、ケミカルピーリング、イオン導入など、そばかす対策のさまざまなメニューがあるので、どうしてもそばかすが気になる場合は専門医に相談し、自分に合った治療をすることをオススメします。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート