黒酢に含まれる栄養素

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

黒酢と黒酢の効果

黒酢に多く含まれている栄養成分について、ドクター監修の記事で詳しく解説します。健康な人体に必要不可欠にも関わらず、現代人の食生活では不足しがちな栄養成分を豊富に含む黒酢をご紹介します。

黒酢

「健康のために黒酢を摂取している」という方も多く、黒酢は身近な健康食品として定着してきました。その人気の理由が、黒酢に秘められた効果です。黒酢に含まれる栄養成分をみてみましょう。

黒酢は「アミノ酸」が豊富

黒酢特有の黒褐色は、発酵・熟成の過程において糖分とアミノ酸が結びついた化学反応によるものです。熟成するほど色が濃くなるため、黒酢のあの色は「長い時間をかけて熟成されている証拠」と言っても過言ではありません。

一般的な酢と黒酢の大きな違いは、この黒褐色の素となるアミノ酸の存在です。アミノ酸は人が生きていく上で必要不可欠な栄養成分で、健康を保つために重要な役割を担っています。黒酢には、このアミノ酸が豊富に含まれているのです。体内で作り出すことができないため、食事などで摂取する必要がある「必須アミノ酸」9種類のうち、8種類を含んでいます。

詳しくは、『黒酢に含まれるアミノ酸量』をご覧ください。

酢特有の成分「酢酸」

黒酢も一般的な酢も共通している栄養成分は、酢酸です。酢酸は体内に取り込まれるとクエン酸に変わり、運動後の疲労回復をサポートする効果があると言われています。

他にもメタボリックシンドロームをもたらす内臓脂肪の減少、高血圧の方の血圧低下や血中コレステロールの合成を抑えるなど、現代人が抱える病気のリスクを軽減させる健康効果があるとされています。

また黒酢にはクエン酸、リンゴ酸、コハク酸、乳酸、グリコン酸、酒石酸など約16種類の有機酸を含み、腸内環境を整えたり、カルシウムの吸収を助ける働きなどもあります。

黒酢には「ビタミン」や「ミネラル」もたっぷり

黒酢は、現代の食生活では不足になりやすいビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸をはじめとするビタミンと、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分、リンなどのミネラルは、身体全体の調子を整えるためには大切な栄養成分です。

このように、黒酢には私たちが必要としながら日常的に摂取しにくい栄養が多く含まれています。

今すぐ読みたい