1448名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ぎっくり腰への鍼灸・針治療の内容と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/09/01

ぎっくり腰への鍼灸・針治療の内容と効果

ぎっくり腰の原因と症状

堪えられないほどの激しい痛みに襲われるぎっくり腰ですが、これは急性の腰痛です。

重い物を持ち上げた瞬間に起こるとイメージする人も多いと思いますが、実際はあまり多くなく、むしろズボンや靴下を履いたり脱いだりするとき、椅子に腰掛けるときや立ち上がるとき、顔を洗っているとき、振向いたときなど、日常的な動作の中に、その危険性は潜んでいます。

原因

ぎっくり腰を起こすハッキリとした原因は、よく分かってはいませんが、最近有力とされている説は、椎骨(背骨)の椎間板が傷ついたり変形したりすることで、その周辺の筋肉が刺激され、緊張状態となった筋肉が、痛みを発生する物質を放出するのではないか、というものです。

したがって痛み自体の原因は、背骨まわりの筋肉が異常に緊張して炎症を起こす「筋膜症」によると考えられます。

症状

突然の激しい痛みで、腰を伸ばすことも曲げることもできず、寝たままで動けなくなることもあります。さらに高齢者では、ぎっくり腰が寝たきりになるきっかけとなることもあります。

ちなみにぎっくり腰と言えば、急に腰に負担がかかったため起きるというイメージですが、実はぎっくり腰が起きる前から、腰には重度の疲れが溜まっていて、ちょっとした動きで疲れの限界を超え、ぎっくり腰になるのです。

ぎっくり腰による症状をまとめると、

  • 腰に、ギクッというような違和感や、ピリッといった違和感を感じ、痛みがだんだんと増していく。
  • 腰まわりの筋肉が硬くなり、緊張が強くなるため、腰の痛みが強くなる。
  • 圧迫されるようなズキンとした重い痛みで、動くと激しい痛みに襲われ動けなくなってしまう。
  • 腰だけではなく肩や脚へと、時間とともに痛みが広がり、筋肉が緊張状態となるため、全身こわばったようになる。

このような症状が出てきたら、ぎっくり腰だと思って間違いないでしょう。

治療法と効果

ぎっくり腰の治療では、傷めている部位をしっかりと把握し、その部位や症状に合った治療法を選択することが大切になってきます。また、治療は発症後早い方が良いでしょう。

治療法

針治療の際、痛みを取るためには腰周辺の硬直した筋肉をほぐし、強い緊張状態を緩和することが大切なポイントとなります。

腰周辺の硬くなった筋肉をゆるめるためには、痛みの強い腰やお尻の筋肉に直接針を刺入することも重要ですが、脚の筋肉も緊張度がかなり増しているので、緊張しているポイントをしっかり見つけ、脚にも刺入することで、痛みが緩和され、症状の改善に大いに役立ちます。

治療の効果

初回の治療で痛みは軽くなりますが、腰に重い感じの違和感は何となく感じます。1回の治療だけでは筋肉は十分に回復していません。ですから、2~3日後には2回目の治療を行いましょう。2回目の治療で筋肉をよりよい状態にし、さらに1週間後に3回目の治療を行います。

辛い症状が起こるぎっくり腰ですが、針治療は痛みを緩和するのに効果的な治療法です。早めの治療をオススメします。

今すぐ読みたい

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート