3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

不妊の鍼灸・針治療の内容と効果

更新日:2016/12/09

不妊の鍼灸・針治療の内容と効果

昨今では、不妊に悩むカップルは7組に1組と言われています。一般的には、年齢が35歳以上で避妊をしていないのに1年経っても妊娠しない場合に、不妊治療を開始することがススメられています。年齢が上がるほど妊娠率は低くなるため、早めに手を打つことが大切です。

西洋医学での不妊治療の現状

西洋医学の場合、不妊治療は一般不妊治療と高度生殖医療に分かれます。

一般不妊治療

・タイミング法…不妊を疑いクリニックを訪れたら、最初にこの方法を指導される場合がほとんどです。卵胞の大きさを測るなどして排卵日を予測し、その日に性交を行うよう指導します。排卵誘発剤を使用することもあります。

・人工授精…排卵日を予測し、あらかじめ採取しておいた精液を注射器で子宮内に注入します。

高度生殖医療

・体外受精…卵子と精子を体外に取り出して受精させ、受精卵が4~8個に分裂した段階で子宮内に移します。

・顕微授精…精子を直接卵子の中に送り受精させます。

中医学では不妊をどうとらえるか

中国古典医学書には、「妊娠しないのは瘀血(おけつ)が子宮内にあって出ないことによる」と記されています。また、虚弱体質や体力不足、精神の疲労なども原因の1つとされています。

つまり、これらの原因による自律神経の失調、内分泌異常、血行不良、免疫機能の低下などが、不妊を招いていると考えられているわけです。その他、冷えも不妊の重大な原因の1つとされています。

上記のことから、鍼灸による不妊治療がオススメされるのは、以下のような場合と考えられます。

  • 一度着床しても流産してしまう
  • ホルモンの数値が良くない
  • 冷えている
  • 採卵しにくい、あるいは卵子が育たない
  • 高温期が長く続かない

このような理由で妊娠できない場合は、鍼灸で体質改善を図ることで状況を好転させることが期待できます。

鍼灸・針による不妊治療の流れと内容

鍼灸による不妊へのアプローチは鍼灸院によりさまざまですが、多くの場合、まずカウンセリングを行いこれまでの経緯を確認します。その後ツボの施術に入りますが、その間に温浴トリートメントなどの独自ケアを行い、より効果を得やすくするところもあります。

場合によっては良導絡測定器で身体の状態を確認し、血流を促進させることで体質改善を図ります。鍼灸による不妊治療は、主に週1回のペースで3~6ヶ月ほど続けます。

不妊に効果的なツボ

以下に、不妊に効果的なツボの一例を紹介します。

・腎兪…直立した状態でわき腹に当たる肘の位置と同じ高さの背骨から、左右の外側へ指2本分ずらしたところ。

・天柱・風池…首元の髪の生え際で、首の後ろを通る2本の太いすじの外側にあるくぼみ。

・気海…身体の中心線上で、おへそから指幅2本下がったところ。

鍼灸による不妊治療では、このようなツボを刺激して体質改善を図ることで、妊娠しやすい身体へと改善していきます。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート