部分矯正で出っ歯を治したい!

更新日:2016/12/09

タイプ別の歯列矯正・矯正歯科治療

全体矯正と比較して費用も時間も抑えられる部分矯正。出っ歯を治す方は多いようです。今回は青山通り表参道歯科クリニックの大多良俊光先生にお話をお伺いします。

上顎の前歯の先端部や上顎全体が突き出た状態、通称「出っ歯」で悩んでいる方は少なくありません。子どもの頃から気になっていた出っ歯を治したい方も、お子さんの出っ歯を早いうちに治したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。前歯が出ているのはやはり格好のいいものではないですし、口呼吸の原因になることもあります。

そこで今回は、青山通り表参道歯科クリニックの大多良俊光院長にお伺いしたお話をもとに、出っ歯を治せる部分矯正に役立つ情報をお届けいたします。

歯の一部だけを治せる治療

部分矯正では奥歯の状態はしっかり噛み合わさっているのに前歯だけが出っ歯であったり、ガタガタであったりということで、基本的に一番目の歯から三番目(糸きり歯)の間の歯を治療する方が多くいらっしゃいます。

歯列の部分矯正は出っ歯や前歯の治療のためだけのものではありませんし、場合に応じては他の治療と並行して行ってみても良いでしょう。

全体矯正との比較

全体矯正と比較して、部分矯正は費用も期間も抑えることができます。一般的にも全体矯正は2年半ほどかかると言われていますが、部分矯正は歯の動き方にもよりますが、軽度な症例であれば3カ月ほどで終わることもあります。ただ、約一年程度で終了する
方がほとんどです。また、費用は一般的に全体矯正の3分の1程度で収まると言われています。

数か月でどうしても出っ歯や歯並びを治したいという方にはおススメできる治療だと言えます。

マウスピースと部分矯正

見えない矯正治療ということで、マウスピースを使って矯正治療を行うという方法もあります。

マウスピースには睡眠時に装着するものと矯正治療の為に装着するものがあり、その2つを混同している人もいると思います。前者は歯ぎしり・くいしばりなどを防止して歯を守ることを目的としているのに対して、写真のような後者は長時間装着することで歯を動かすことを目的としています。

部分矯正は個人の口の状態によって行うのが難しい場合もあるので、関心のある方は信頼のできる歯医者さんに相談してみることから始めましょう。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!