歯列矯正とインプラントで迷う?

更新日:2016/12/09

歯列矯正・矯正歯科治療の種類と特徴

歯列矯正と、インプラントは自分にとってどちらが良いのでしょうか?今回は、青山通り表参道歯科クリニックの大多良俊光院長にお伺いしたお話をもとに、治療方法の選択に役立つ情報をお届けいたします。

昨今の歯科技術の高まりにより、歯や歯並びの治療方法の選択肢は格段に増大しています。しかし、それ故に自分に合った最適な治療方法の選択に迷われている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、青山通り表参道歯科クリニックの大多良俊光院長にお伺いしたお話をもとに、治療方法の選択に役立つ情報をお届けいたします。

自分に合った治療方法を知ること

歯や歯並びに悩みを持っているけれども歯列矯正とインプラントのどちらが良いのか分からないという方はいらっしゃいませんか。そのような方はまず、大前提として歯列矯正とインプラントは全くの別物だということを理解しなければなりません。

歯列矯正とインプラント

歯列矯正とは、出っ歯、受け口、ガタガタの歯並びやかみ合わせの悪さなどを修正するために、自分の個々の天然の歯を正しい位置に並び替える治療のことを言います。

歯列矯正には現在裏側・舌側矯正などの見えにくい矯正や、マウスピースによる見えない矯正もあります。一言に「歯列矯正」と言えども期間も費用も様々なので、幅広い選択肢の中か歯医者さんに相談して決めていくと良いでしょう。

一方、歯医治療におけるインプラントとは一般に「デンタルインプラント」のことで、人工の歯を固定するためにあごの骨に埋め込む人口歯根のことを意味します。セラミックなどを用いて歯並びを治すものと思っている方も多いようですが、それは間違った認識と言えます。

インプラントは先天的に歯の無い方や、虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった方の「歯のないところに歯を作るもの」というイメージを持つと分かりやすいかもしれません。インプラントはそのような方の天然の歯と変わらない見た目を回復し、天然の歯と同じように物を噛め、食事ができる歯を提供するという点で、画期的な治療方法と言えるでしょう。

進化を続ける歯医治療

昨今の歯列矯正は以前のような目立つ矯正方法だけでなく、色々な方法があります。インプラントも歯を抜いてそこに埋め込み、咬めれば良いという時代ではなくなってきました。

この写真のように、笑顔になったときの上顎前歯の先端のラインが下唇内側ラインに沿っていると笑顔が美しく見えると言われています。

これからの矯正治療やインプラント治療には口元のバランスやどれだけ天然の歯のように見せられるか、という審美的なポイントへもますます重要となってくるでしょう。

主に歯並びを治す歯列矯正や、歯を失った状態を回復するインプラント治療には、ある程度の期間が必要であり、同時にそれなりの覚悟も必要でしょう。患者には最善の治療を受ける権利があります。無料カウンセリングなどを行っている病院でドクターとよく話し合い、自分に合った治療を受けることを心掛けましょう。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい

関連Q&A

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!