大人になってからの矯正治療

更新日:2016/12/09

歯列矯正・矯正歯科の基礎知識

大人になってから矯正治療をおこないたい方もいらっしゃいますよね。そこで今回は、青山通り表参道歯科クリニックの大多良俊光院長に、大人になってからの矯正治療についてお話をお伺いしました。

お見合いや結婚、就職などをきっかけに、子どもの頃から気になっていた「出っ歯や歯並びを直したい」という方も少なくないのではないでしょうか。しかし、人と接する機会が多い大人は、目立ってしまう歯の矯正はできるだけ避けたいものですよね。また、子供の頃よりも治りにくいのではないか、という心配もあります。

そこで今回は、青山通り表参道歯科クリニックの大多良俊光院長に、大人になってからの矯正治療についてお話をお伺いしました。

従来からの矯正

技術の発展により、昨今は目立ちにくい矯正治療が可能となっていますが、従来は歯にブラケットという金属を付けて、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく「ワイヤー矯正」が一般的でした。

しかし、どうしても金属特融のギラギラ感により目立ってしまうというリスクがありました。

現在では、透明のプラスチックでできたブラケットなど、従来のものよりは目立ちにくいワイヤー矯正も可能となっています。

大人に適した治療とは

「なるべく目立たない」「早く治療を終えたい」という大人のニーズに合った矯正方法には、以下のようなものがあります。

(1)クイック矯正
できるだけ早く歯並びを治したいという方には「クイック矯正」という方法もあります。クイック矯正とは造語で、正式には補綴(ほてつ)矯正、セラミック矯正のことを意味します。

これらは矯正という名前ですが、実際に歯を動かすわけではなく、セラミックの歯を装着して短期間で見た目を向上させるのがこの治療の特徴です。

(2)ミニインプラント
ミニインプラントと呼ばれる治療方法を用いることによって矯正を短期間で完了させることができます。これはミニインプラントを診断された場所の骨に埋め込み、そのミニインプラントに、ワイヤーやゴムをかけることにより、通常の矯正より短期間で、従来動かせなかった方向へと歯を動かせる画期的な方法です。

(3)透明のマウスピース
透明のマウスピースを使った治療もあります。これは、取り外しが可能であるため、口の中や歯全体の健康が維持されやすいものでもあります。

(4)部分矯正
近年は部分矯正にも人気が高まっています。全体ではなく、一部の気になる部分のみを矯正する方法で、全ての歯に矯正器具を付ける必要がないため、目立ちにくい治療の一つと言えるでしょう。

以上のように、昨今は多くの目立ちにくい矯正治療の方法が存在します。しかし、時間をかけてでもしっかり治療したいという方には、通常の矯正の方がベターかもしれません。

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい