1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

敏感肌のためのミネラルファンデーションの使い方

更新日:2017/02/23 公開日:2014/10/01

ここでは、敏感肌の方に人気のミネラルファンデーションについて解説します。

そもそも、敏感肌ってどういう肌?

実は、「敏感肌」という言葉は、医学用語ではありません。敏感肌とは、化粧品や紫外線をはじめとするなんらかの刺激」によって肌が荒れたり、かゆくなったり、赤みを帯びたりなど、肌が外部からの刺激に敏感に反応してしまう状態のことをあらわしています。

その反応には個人差があります。しばしば脂性肌や混合肌などと合わせて肌質のひとつとして捉えられますが、オイリー肌や乾燥肌などでも肌が敏感な状態になる場合があるので、肌質をあらわす言葉ではありません。

肌はなぜ敏感になってしまうのでしょうか?

肌はもともと外からの刺激から守る「バリア機能」をもっています。

しかし、このバリア機能が、角質をとり過ぎてしまうような間違ったスキンケアや、食生活の乱れによる栄養不足、ストレス、寝不足、ホルモンバランスの乱れをはじめとする体調の変化などによって低下してしまうと、肌は刺激を受けやすくなります。この状態を「敏感肌」とあらわすことが多いのです。

また、特定の化粧品成分に対しての反応や、衣類などの繊維や金属が触れたことによってかゆみを生じるようなアレルギー体質も敏感肌の原因となります。

肌への刺激が少ないミネラルファンデーション

肌が敏感な状態になると、今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなる場合も多くあります。メーキャップ化粧品のファンデーションも例外ではありません。そんなときには「何もつけない」という方もいらっしゃいますが、紫外線や外気、埃などの刺激を直接受けてしまうため、ノーメイクで外に出ることは肌にとってあまりよいとは言えません。

そんな敏感肌の方にも使用しやすいのが、一般的なファンデーションに比べて肌の負担が少ないミネラルファンデーションです。このミネラルファンデーションは、肌に優しいと言われる天然の鉱物(ミネラル)でできています。

ミネラルファンデーションの成分と特徴

一般的なファンデーションは水分や油分の他に、それらを安定(乳化)させる界面活性剤、肌との密着性を高めるシリコンやポリマーなどの成分を含んでいることが多く、それらが肌への刺激になる場合があります。

しかし、ミネラルファンデーションはミネラルを主成分としたシンプルなものです。もともとやけどや手術跡にも使えるようにとアメリカのドクターによって開発されたため、肌にやさしいファンデーションだとされています。普通の洗顔で落とせるものが多いので、過剰なクレンジングにおける角質層へのダメージも軽減できます。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート