3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ビタミンC誘導体配合化粧品の正しい選び方

更新日:2016/12/09

ビタミンC誘導体配合化粧品の正しい選び方

ビタミンC誘導体が化粧品に配合される理由

抗酸化作用やメラニンの還元作用、コラーゲン生成の促進など、肌にとってさまざまな効果を発揮するビタミンC。ビタミンCは古くから肌に良い成分として注目されてきましたが、残念ながら酸化しやすく、化粧品に配合するのが難しいとされてきました。

こうした課題を、ビタミンCに他の分子を結合させることで、安定させたのがビタミンC誘導体です。また、化粧品への安定だけでなく、ビタミンC誘導体になることで、肌に浸透しやすくなるという効果もあります。

ビタミンC誘導体は、肌に浸透した際に皮膚内に存在する酵素で分解されて、ビタミンCとなり美肌効果を発揮します。

ビタミンC誘導体の種類と特徴

ビタミンC誘導体には「水溶性」「油溶性」「その両方の特徴を持つ」3種類があります。

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、スピーディに肌に吸収されて効果を発揮し、主に化粧水や美容液などに配合されています。

水溶性のビタミンCに油をプラスして、油に溶けやすい性質にしたものが油溶性ビタミンC誘導体です。クリームやジェルなどに配合されており、水溶性と比較すると速効性は劣りますが、皮脂膜や角質層への浸透力が高く、成分が長い時間留まって効果を発揮する性質があります。

水とも油とも親和性の高いものとしては、進化型のビタミンC誘導体としてAPPS(アプレシエ)が注目されています。その理由は浸透力の高さ。

他のビタミンC誘導体の約100倍浸透力が高いと言われており、従来のビタミンC誘導体ではイオン導入をして奥まで浸透させていましたが、APPSはそれを行わなくても肌の奥まで届けることができます。

また、化粧品によりますが、「水溶性」と「油溶性」の両方(複数)を配合しているものもあります。

濃度が高いほど良いわけではない

ビタミンC誘導体を選ぶ際に、濃度を気にされる方がいますが、ビタミンC誘導体は濃度が濃ければ良いというものでもありません。

ある程度濃度が濃いほうが少量の化粧品でたくさんのビタミンCを肌に届けられるというメリットがありますが、濃すぎると肌への刺激となってトラブルを起こす可能性があります。

むしろ、どんなビタミンC誘導体が配合されているかを知って、自分の肌質に合いそうなものを選ぶように心がけるようにしましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート