1484名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

産後にできるシミ・そばかすの原因と美白方法

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

この記事の監修ドクター

矢追医院 院長
矢追正幸先生

産後にできるシミ・そばかすの原因と美白方法

産後にふと気づいたらシミやそばかすが急に増えたように感じることがありますが、妊娠すると増えやすいのでしょうか。

産後のシミ・そばかすは女性ホルモンによる影響

産後のシミやそばかすには、妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れが深く関係しています。

肌のバリア機能が低下

妊娠中にはエストロゲンという女性ホルモンが増加します。別名「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌のハリやツヤを支えるコラーゲンやエラスチンを維持して、肌の衰えの原因になる活性酸素の働きを抑制する作用があります。

産後はこのエストロゲンの分泌が急激に減ることで肌のバリア機能が低下して、外部の刺激を受けやすくなってしまうのです。刺激を受けたことにより肌が炎症を起こすと、色素が沈着してしまうことがあります。

メラニン色素が作られやすくなる

妊娠中に活発に分泌される女性ホルモンのプロゲステロンは、胎児を成長させるための胎盤を形成し、子宮筋の収縮を抑制するなど妊娠において重要な役割を果たしています。

その一方で、シミやそばかすの素になるメラニンを生成するメラノサイトを活性化させてしまうという面があります。そのため妊娠中はシミやそばかすが濃くなりやすいのです。

産後はプロゲステロンの分泌量が一気に減少してメラニンの生成は抑えられますが、ホルモンの分泌が妊娠前の状態に戻るまでには、出産から半年ほどかかります。

産後のシミ・そばかすのセルフケア方法

妊娠中にうけた紫外線などの刺激による肌への影響やホルモンバランスの乱れは産後もしばらくは続くため、しっかりとケアをする必要があります。

日焼け対策は必須

シミやそばかすをさらに増やさないためにも、産後も日焼け止めクリームや帽子、日傘を活用した紫外線対策をきちんとしておきしましょう。日差しの強い夏だけではなく、一年を通して紫外線を防ぐ必要があります。

美容液やクリームで美白ケア

産後の肌はとてもデリケートなので、肌に優しい油溶性甘草エキスやカモミラETといった低刺激の成分を含有する美白化粧品を使ってケアを始めましょう。

詳しくは『産後の肌にはどんなクリームが良い?』をご覧ください。

食事でビタミンCやAを積極的に摂取

メラニンの沈着を抑制するビタミンCや新陳代謝を促進するビタミンAを含む食品を意識的に摂取して、身体の内側からシミ対策をする方法もあります。ビタミンCは赤パプリカやブロッコリーに、ビタミンAは鰻や鶏のレバーなどに多く含まれています。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート