1450名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

産後の乳首・乳輪の黒ずみのケア方法

更新日:2017/06/14 公開日:2014/10/01

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

乳首

妊娠してから乳首の色が少しずつ濃くなっていき、産後には黒くなってしまうのは女性にとって大きな悩みです。前のようなキレイな色の乳首に戻ることはないのか、心配な方も多いことでしょう。

産後に乳首の黒ずみが気になるのは自然なこと

妊娠すると乳首が黒ずむのは、メラニン色素を増やす働きもある女性ホルモンの増加に原因があります。紫外線や外的刺激から肌細胞を守る働きをしてくれるメラニン色素ですが、皮膚内で増えすぎてしまうと肌色が黒く見えます。

もともとメラニン色素が多い乳首や乳輪は、妊娠による女性ホルモンの急激な増加に刺激されて黒ずみやすいのです。女性のバストは妊娠2か月頃から徐々に変化し始め、出産直後には黒ずみが濃い状態になっています。

出産後の乳首の黒ずみのケア

乳首の黒ずみは出産した女性ならばほとんどの方が経験することであり、多くの場合には産後にホルモンバランスが整ってくるにつれて徐々に薄くなっていきます。自然に薄くはなりますが、元の状態に戻るとまではいきません。少しでも濃くなった色を戻したければ、積極的なケアが必要となります。そのためには、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたものや、保湿成分で乳首を刺激や乾燥から守ってくれるクリームなどを選ぶと良いでしょう。

皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促進することも、乳首の色を薄めるには効果的です。しかし乳首は赤ちゃんが口にする部分でもありますので、授乳中でも使える専用のアイテムを使うなど注意が必要です。

産後の女性は肌質が変化し、敏感肌に傾いていることもあります。乳首はとてもデリケートな部分ですので、肌のトラブルを避けるためにも化粧品を使用する前には二の腕の柔らかな肌などで必ず試してみてください。

また、乳首の炎症や湿疹にも要注意です。かゆくなって掻いてしまうと、その刺激がメラニン色素を活性化させて、さらに黒ずみが進むこともあります。刺激の少ない自然素材や、胸を圧迫しないようなやさしいデザインのブラジャーをつけることも大切です。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート