3470名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

こんなにある!Vライン脱毛のデザインの種類

更新日:2016/12/09

アンダーヘアの脱毛で分けられる部位として呼ばれる「VIOライン」。その中でも三角ゾーンと呼ばれ、下着のラインや水着を着る際に毛がはみ出ていないか気になる部分が「Vライン」です。ここでは、Vラインのレーザー脱毛についてご紹介します。

レーザー脱毛を受けるまでの流れ

デリケートな部分ですので、まずはクリニックを決めたらカウンセリングを受けます。そのとき、希望や不安、悩みなどはしっかりと相談しましょう。また、どの程度の脱毛をするのか?自然な感じや形などにもこだわることができます。

Vラインのデザインの種類

毛量、生えている範囲などによっても多少影響がありますが、基本的に6パターンほどのデザインがあります。もちろんこれ以外のオリジナルの形にすることもあります。また、毛の量などにも左右されるので、クリニックで相談をしましょう。

<逆三角型>

いちばん自然なデザイン。できるだけ自然な形でムダ毛を処理したい人向きです。

<細いI型>

大胆なハイレグの水着などでも、ムダ毛がはみ出さないデザイン。外国人に人気のタイプです。

<細逆三角形>

少し小さめの三角型。小さい下着や水着を着たい人に向いています。

<I型>

細いI型より自然なデザインです。横幅は調整できます。

<無毛型>

すべて脱毛し、毛が一切ないので、すっきり感があります。

Vラインのレーザー脱毛の注意点

Vラインのレーザー脱毛を受ける場合には、いくつかの注意点があるので、しっかりと押さえておきましょう。

<施術前の毛抜きは止める>

脱毛用レーザーは、毛根の黒い部分に反応するので、毛を抜いてしまうと脱毛の効果が出ない場合があります。

<生理中は施術できない>

生理の1週間前から終わるまでは、いつもより痛みを強く感じたり、肌の赤みが出ることがあります。

<クリニック選びは慎重に>

施術を受けるクリニックを選ぶ際には、広告をよく見るからなどの理由ではなく、きちんと説明してくれる信頼性の高いクリニックを選ぶことが大切です。

<きちんとカウンセリングを受ける>

希望や悩みなどを話し、適切な提案をしてもらえるよう、事前のカウンセリングは納得できるまで受けるようにしましょう。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート