サプリで女性ホルモンを増やすことはできる?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

肌荒れと女性ホルモン

女性の美容と健康にとって欠かすことのできない存在でありながら、年齢を重ねるごとに減ってしまう女性ホルモン。この女性ホルモンは、サプリメントで増やすことはできるのでしょうか。

サプリで女性ホルモンを増やすことはできる?

美容や健康維持のために大切な女性ホルモン。しかし、女性ホルモンは歳を重ねるにつれ減少していくという性質があります。女性ホルモンが減ると、どんな変化が起こるのでしょうか。

女性ホルモンの減少によって起こるトラブルと、女性ホルモンを増やすサプリメントについて解説します。

女性ホルモンが減るとどうなる?

歳を重ねるとホルモンの生成量が減少し、分泌される量も少なくなってしまいます。女性ホルモンが減少することによって起こる変化には次のようなものがあります。

  • 月経不順、閉経、性交痛
  • 女性らしいふくよかさが減少してごつごつした身体つきになる。
  • 笑ったり、咳やくしゃみすると尿が漏れる。
  • コラーゲンの量が減り、肌のみずみずしさが失われる。肌が傷つきやすく、ケガが治りにくい。
  • 髪が抜ける、細くなる。
  • コレストロールの増加。
  • 骨がもろくなって骨粗しょう症になりやすくなる。
  • 物忘れが多くなる。
  • 自律神経が不安定になり、発汗、のぼせ、頭痛、肩コリなどの症状が現れる。
  • 不眠、イライラ、鬱(うつ)などの不安症状が現れる。
  • 全身のコリ、関節痛、腰痛などが出やすくなる。

女性ホルモンが不足するだけで、こんなにも多くの問題が起こるのです。

それでは、女性ホルモンの不足を防ぐためにはどうしたら良いのでしょう。効率的な方法として挙げられるのが、女性ホルモンを増やす成分をサプリメントで摂取する方法です。

女性ホルモンを増やすサプリメント

女性ホルモンを増やしながらホルモンバランスを整えてくれるサプリメント成分をご紹介します。

プラセンタ

哺乳類の胎児を成長させるための胎盤から抽出する栄養分です。ホルモンバランスを整えるほか、美肌、美白にも効果があるとされています。疲労回復効果も期待でき、男性でもサプリメントを愛用している人が多くいます。

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、北アメリカが原産のハーブの一種。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きを持ちます。女性特有の病気、月経前症候群や更年期障害の軽減、骨粗しょう症の予防などに効果があります。

レッドクローバー

ヨーロッパ原産のハーブの一種。女性ホルモンと似た働きを持つ「イソフラボン」が含まれており、更年期障害や肌トラブルの改善に効果が期待できます。

大豆イソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをする成分で、自律神経とホルモンバランスを整えます。女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期障害の症状を改善する効果や、骨粗しょう症を予防する効果があります。

マカ

南米ペルーのアンデス山脈に自生する植物の一種で、滋養強壮や精力増強のほか、更年期障害の症状の改善にも効果が期待できます。

 

今すぐ読みたい