水素水の効果・効能とは

更新日:2016/05/18

水素水の効果・効能

現在、ドラッグストアやコンビニなどで水素水に関連した商品多く目にしますが、そもそも水素水とは何でしょうか?水素水の効能とは?ここではドクターの監修のもと、水素水について、また水素水の効果と効能を改めてご紹介します。

水素水

エイジングケアなどとして美容への効果に留まらず、さまざまな疾患への改善効果が認められ、一部の病院などでは治療の一環としてとり入れられている水素水。最近ではドラッグストアやコンビニ、ネットなどで手軽に入手できるため、多くの人に愛飲されるようになってきました。ここではそんな水素水の効果について、ご紹介します。

水素水とは?

水素水は学術的には「水素豊富水」と呼ばれ、水(H2O)にある一定以上の水素(H2)が含まれたものを指しています。水素濃度を示す単位には「ppm(※)」が使われており、“水素水”と名の付く商品には、このppmで水素含有率を記載しているものがほとんどです。

これまで具体的な水素水の定義はありませんでした。しかし、水素は空気中に逃げやすいという性質があるため、水素水と称しながらも水素がほとんど入っていない製品があるという事例もあることから、分子状水素医学シンポジウムでは、水素水における水素の含有量に最低基準を設けました。そこでは0.08ppm以上の水素を含んだものを「水素水」としています。

※ppm(ピーピーエム)とは、parts per millionの略。100万分のいくらかという割合を示す単位で1ppm=0.0001%を表す。

水素水の効果について

水素水が注目され始めたきっかけは、その効果にあります。ここ数年で、身体をサビつかせて老化を進める存在として「活性酸素」が話題になりました。これをとり除いてくれるという効果が、水素に期待できるのです。

活性酸素がすべて悪いというわけではなく、そのなかでも細胞やDNAを傷つけてしまう悪玉活性酸素(=ヒドロキシラジカル)に強力な酸化作用があり、人体に影響を与えます。水素水は、このヒドロキシラジカルのみを選んで結合し、水に変換されて身体の外に排出されるという特徴があるのです。

多くの病気の原因になる悪玉活性酸素。その原因を直接減らしてくれる水素水は、私たちの心強い味方になってくれることが期待できます。

水素水について、より詳しく知りたい方は『水素水って何?』をご覧ください。

今すぐ読みたい PR