水素水の美容効果

更新日:2017/07/14 公開日:2014/10/01

水素水の効果・効能

人間の細胞も酸化によって衰えます。体内の酸化を防ぎ、肌トラブルを改善する効果が期待できるとして、今、水素が注目されています。水素を含むといわれている水素水の美容効果について、ドクター監修の記事で解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

【はじめにお読みください】ヘルスケア大学の「水素水」コンテンツ編集ポリシーは こちら です。

体内の酸化は健康にも悪影響を及ぼすだけでなく美容の部分でもさまざまな影響を与えるといわれています。身体の酸化の原因となる活性酸素を抑える働きがあるとされている物質に、水素があります。最近は水素水という形で美容のために摂取しているという方も多いようですが、いったいどのような働きが期待できるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

シミやシワの原因になる活性酸素

鉄が空気に触れて錆びていくように、人間の身体も「錆び」が生じます。

身体を錆びつかせる活性酸素とは

私たちが体内に取り入れている酸素は1日に500L以上で、そのうち約2%が、強い酸化作用を持つ「活性酸素」に変わると言われています。活性酸素は体内に侵入したウイルスを殺菌する働きもあるのですが、一部のいわゆる悪玉活性酸素が体内で増えすぎると、正常な細胞や遺伝子まで攻撃してしまうのです。

細胞の攻撃は肌トラブルや老化の大きな原因となり、この老化現象は身体のサビと呼ばれています。

活性酸素が増えすぎる原因は?

私たちの身体には、活性酸素の過剰な発生を抑える「抗酸化力」がもともと備わっています。しかし、この抗酸化力は加齢によって弱まっていき、さらに日常生活のさまざまな要因が、活性酸素を過剰に発生させてしまい、結果、体内の活性酸素が増えてしまうのです。これは、一般的には悪玉活性酸素と呼ばれています(学術的名称ではありません)。活性酸素を過剰に発生させる要因として次のようなものがあります。

・タバコ

・ストレス

・慢性的な睡眠不足

・偏った食生活や過剰な飲酒

・紫外線

・大気汚染など

まずは、このようなダメージを減らす生活を心がけましょう。

水素水に期待できる美容効果

活性酸素の過剰発生を防ぐには、抗酸化作用がある物質を体内に取り入れることです。抗酸化作用がある食材にはレンコン、トマト、ニンジンなどの、色の濃い野菜があり、フィトケミカルと呼ばれています。しかし、食材だけで十分な効果を得るには、大量の野菜を摂取する必要があります。

そこで、より効果的に抗酸化作用があるものが提唱されました。それが水素です。抗酸化作用を持つといわれている水素が今、注目を集めています。

水素の抗酸化作用は医学的にも臨床試験を経て安全性が認められています。現在はまだ人体に対しての臨床結果は出ていませんが、酸化ストレスが原因となる病気などに対する臨床試験が開始されているため、今後の試験結果に期待することができます。

水素を気軽に摂取できる方法のひとつとして、水素を溶存させた水素水を飲用する方法があります。では、水素には具体的にどのような効果があるといわれているのでしょうか。

血流の改善で肌トラブル解消

活性酸素の過剰発生は、血流を悪くし、毛穴を詰まらせ、老廃物を体内に蓄積させる原因にもなります。活性酸素が抑えられれば血流が改善され、体内環境が正常になり、皮膚も活性化します。皮膚細胞に水分や酸素、栄養分が隅々まで行き渡ることで、肌にハリとツヤが出てきます。水素には、そのサポートをする効果が期待できると考えられています。

ダイエット効果も期待できる可能性も

日本医科大学のチームによって発表された実験結果によると、普通の水を与えたねずみと水素水を与えたねずみでは、同じ量のエサを食べていたにも関わらず、後者の方は内臓脂肪・皮下脂肪ともに少なかったということです。

その後の研究により、体内に浸透した水素が細胞内の遺伝子に働きかけることで、脂肪代謝を促進する、といった研究結果が導き出されました[1]。これにより、水素にはダイエット効果も期待できると考えられます。

現時点では、美容と水素の関係性が科学的にきちんと証明されているわけではありません。人体による臨床試験結果は発表されていないため、「効果がある」とは言い切れないのが現状です。「水素水を飲めば〇〇になる!」という宣伝が過剰広告であるという注意を受けた業者もいて、一時期話題になりました。しかし、現在、科学的に肌と水素の関係について研究が進められているため、今後の試験結果を期待することは可能です。

水素は、食品添加物として無害であることは公的機関で認められています。美容に関して興味がある方は、水素を気軽に取り入れるひとつの方法として水素水を飲用し、ご自身の体で確かめてみるとよいと思います。

おことわり

  1. 1.一部、「水素」が持つ効能・効果についても言及しております。文章中に明記しておりますが、混同しないようご注意ください。
  2. 2. 当コンテンツ内で言及している「水素水」は、2015年まで分子状水素医学シンポジウム(現・日本分子状水素医学生物学会)が定めていた最低基準(水素含有量0.08ppm以上)にあてはまるものです。なお、水素水の濃度の基準については、2017年3月現在、公的な定義等はありません。市場流通後における水素の含有量は販売元により異なると考えられますので、十分ご注意ください。

参考文献

  1. [1]Kitamura N, et al. Molecular hydrogen stimulates the gene expression of transcriptional coactivator PGC-1α to enhance fatty acid metabolism, NPJ Aging Mech Dis 2, Article number: 16008 (2016) doi:10.1038/npjamd.2016.8(accessed 2016-03-07)

今すぐ読みたい