水素水は化粧水として使えるって本当?

更新日:2017/07/14 公開日:2014/10/01

水素水の気になる疑問

健康をサポートするとして注目されている「水素水」がスキンケアにも効果があると注目されている理由と、水素水を化粧水として使う方法をドクター監修の記事で解説します。ポイントは、シミやシワ、くすみを引き起こす活性酸素と水素水の関係にありました。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

【はじめにお読みください】ヘルスケア大学の「水素水」コンテンツ編集ポリシーは こちら です。

水素が私たちの身体に与える影響についての研究が発表され始めたのはここ最近のことであり、「水素水」自体よく知らないという方も多いことでしょう。水素水の働きをお伝えしながら、水素水が化粧水としてどのような効果を発揮するのか解説します。

美容業界でも注目!水素水の効果

水素は、さまざまな病気を引き起こす原因とされる活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を身体から除去する働きがあるという研究結果によって注目された成分です。

「活性酸素」は老化とも深い繋がりがあり、美容においても肌に悪影響を及ぼすと考えられているため、この活性酸素を除去する働きがあるという水素水は、美容業界においても関心を集めています。

詳しくは 『水素水って何?』をご覧ください。

活性酸素が肌トラブルを起こす理由

活性酸素がひき起こす肌のトラブルは、「シミ」「シワ」「くすみ」など、多くの女性を悩ますものばかりです。活性酸素は酸化力を持っているため、体内の細胞を傷つけてしまう働きがあります。

肌の細胞も例外ではありません。老化が進むと肌サイクルが徐々に乱れ、また、メラニン色素を過剰に作り出してしまいます。さらに、活性酸素が真皮のコラーゲンをも酸化させ、シワやたるみはおろか炎症や肌荒れの原因となるのです。

活性酸素には水素が効果的

そこで注目されたのが、活性酸素を抑えると考えられている水素水です。

皮膚から水素を吸収させることで、活性酸素を水素が除去すると考えられています。それにより、シミの原因となるメラニン色素の過剰な増加を抑え、コラーゲンの再生や肌サイクルの正常化に働きかけると期待されているのです。

また、水素の分子はとても小さく肌の内側にも浸透しやすいことから、化粧水としてはもちろん、身体全体で水素を取り込める「水素風呂」も効果があると期待されているのです。水素風呂については 『水素水の入浴「水素風呂」』を参照してください。

ただし、肌トラブルの原因となる活性酸素は、偏った食生活、喫煙、睡眠不足などの生活習慣の乱れによって増加する傾向があります。トラブル改善には、水素水に頼るだけでなく、規則正しい生活を送ることが大切です。

化粧水として水素水を使う方法

水素水を化粧水として使用する場合、基本的には通常の化粧水と同じです。洗顔後、直接顔に水素水をパッティングしてもよいですが、コットンに水素水をたっぷり含ませて肌になじませたり、市販のコットンマスクを用いてパックするのもよいでしょう。また、最近では水素発生材を使用した化粧ジェルやクレイパックなども出てきています。

しかし、水素水の肌への影響はいまだ研究途上であり、科学的に実証されているわけではありません。今後の研究が楽しみでもあります。

おことわり

  1. 1.一部、「水素」が持つ効能・効果についても言及しております。文章中に明記しておりますが、混同しないようご注意ください。
  2. 2. 当コンテンツ内で言及している「水素水」は、2015年まで分子状水素医学シンポジウム(現・日本分子状水素医学生物学会)が定めていた最低基準(水素含有量0.08ppm以上)にあてはまるものです。なお、水素水の濃度の基準については、2017年3月現在、公的な定義等はありません。市場流通後における水素の含有量は販売元により異なると考えられますので、十分ご注意ください。

今すぐ読みたい