葉酸の効果と正しい摂取方法

更新日:2016/12/09

妊娠中の食事・栄養

葉酸は妊婦にどのような効果をもたらすのでしょうか。妊娠前から妊娠初期、授乳期でのそれぞれの葉酸の働きを解説するとともに、葉酸を効果的に摂取する方法についてドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

矢追正幸先生

この記事の監修ドクター

矢追医院 院長
矢追正幸先生

葉酸の効果と正しい摂取方法

葉酸(ようさん)は特に妊娠初期に必要とされていますが、妊娠前など日常の中でもしっかりと摂っておきたい大切な栄養素です。また、効率的に摂取するために葉酸の特性についても知っておきましょう。

妊婦における葉酸の効果

葉酸が特に必要とされる妊娠前~妊娠初期にかけて、妊婦の体内で葉酸はどのような働きをするのか見ていきましょう。

妊娠前の効果

・造血作用…葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球を作る働きがあり、不足すると悪性貧血である巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)を引き起こすことがあります。

・細胞の再生を促す…葉酸はDNAを含む核酸の合成に深く関わり、細胞の分裂・増殖にも欠かせません。不足すると免疫機能や消化機能にも影響を及ぼします。

・高血圧や心臓疾患を予防…葉酸には動脈硬化を引き起こす「ホモシステイン」の血中濃度を下げる働きがあるので、動脈硬化による高血圧や心臓疾患を防ぎます。

・月経前症候群の緩和…月経前に起こるイライラや腹痛、頭痛などの不快症状。これには女性ホルモンが関与していると言われていますが、葉酸を含むビタミンB群にはホルモンバランスを整える働きがあるため、症状の緩和が期待できます。

妊娠初期の効果

・着床しやすい環境に…細胞の分裂や増殖を促す葉酸は、子宮内膜の強化など、着床しやすい子宮環境を整えるためにも必要な栄養素と言えます。

・胎児の発育を助ける…胎児は、まだ「胎芽(たいが)」とよばれる妊娠7週目までに脳や脊髄の基礎となる神経管ができあがり、妊娠11週までには3頭身の形がはっきりとして「胎児」と呼ばれるようになります。葉酸は胎児の細胞分裂を促進し、成長を促します。

・胎児の先天異常を予防…胎児の神経管ができあがる時期(特に妊娠7週目まで)に葉酸が不足すると、二分脊椎や無脳症といった神経管閉鎖障害が起こりやすくなります。

授乳期の効果

赤ちゃんは授乳期にも活発に細胞分裂を繰り返しています、母親が葉酸をしっかり摂ることで母乳を通じて赤ちゃんに栄養が届き、成長を助けます。この時期に葉酸が欠乏すると、赤ちゃんの発育に遅れを及ぼすこともあります。

葉酸を効果的に摂取する方法

1日に摂取したい葉酸の量は非妊時が240μg、妊娠時では480μgです。厚生労働省では、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすためには、「妊娠の1ヶ月以上前~妊娠3ヶ月の間は、食事のほかに、サプリメントまたは強化食品で1日400μgの葉酸を摂るのが望ましい」としています。

(※μg=マイクログラム)

食品から葉酸を摂る場合

緑黄色野菜や果物、レバーなどに多く含まれている葉酸は、熱に弱く、水に溶けやすい性質があるため、生で食べられるものは新鮮な状態で頂きましょう。

また、茹で汁に栄養素が溶け出すので、スープや煮込み料理として調理するのもオススメです。ほかに、水を使わない電子レンジ加熱や、水洗いしてから切るなど工夫することも大切です。

サプリメントから葉酸を摂る場合

サプリメントの場合、1日に必要な量の葉酸を考慮して作られている商品が多いという特徴があります。飲む量を間違えると過剰摂取になる可能性もあるので、1日の上限(20代が900μg、30代が1000μg)を超えないようにしましょう。葉酸を過剰に摂取すると、まれに過敏症などを起こすことがあります。

(※μg=マイクログラム)

投薬治療中の方は注意が必要

薬を服用している場合、薬の種類によっては葉酸の吸収が悪くなって欠乏症を起こしたり、葉酸の血中濃度が下がったりします。特に、抗てんかん薬服用中の女性は葉酸不足による胎児の先天異常が起こる確率が高いとされていますので、医師に相談をしてください。

今すぐ読みたい

関連記事

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!