1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

イオン導入器の効果と注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

イオン導入

ビタミンCやプラセンタなどの美肌成分を、より効果的に肌に浸透させたい時に有効なのがイオン導入器によるスキンケアです。

イオン導入の肌への効果

イオン導入器は別名“イオントフォレーシス”とも呼ばれています。肌にごく弱い電気を流して表皮のバリア機能を一時的に弱め、肌のより深いところまで水溶性の美肌成分を浸透させることができる美容機器のことです。その効果の高さから「針を使わない注射」とも言われていますが、痛みはほとんどありません。

クリニックではピーリングやレーザー治療など他のメニューと併用して行うことで、効果をさらに高めることもできます。毛穴の開き、乾燥、ニキビ、ニキビ跡、シワ、たるみ、シミの改善や美白、きめを整えるなど、イオン導入器はさまざまな美容効果が期待できます。

美容成分が皮膚の深部にまで浸透する理由

肌表面の角質層は酸性で、プラスイオンが多い状態です。しかし角質層の内側にある顆粒層はアルカリ性で、マイナスイオンが多くなっています。そのため、角質層と顆粒層の間には微弱な電気が流れています。これは、美容液などの有効成分の浸透を阻むバリアのようなものです。

そこでイオン導入器で肌の表面からごく弱い電気を流すと、角質層と顆粒層の間に流れる電気の働きを弱めてくれるのです。これが、イオン導入器によって肌の深いところまで美容成分を届けることができる仕組みです。

また主に美白目的で使用されるビタミンC誘導体やプラセンタは、水に溶けるとマイナスに帯電します。このような美容成分はイオン導入器からのマイナスの電流と反発しあい、その作用で皮膚の奥へと浸透していきます。

イオン導入器を使う際の注意点

このように肌にさまざまな効果をもたらしてくれるイオン導入器ですが、どのような成分でも浸透させられるわけではありません。

一般的に用いられるのはビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、アミノ酸など粒子の細かな成分です。これらを肌の悩みに応じて単体またはブレンドして導入していきます。しかしコラーゲンやヒアルロン酸などは粒子が大きいため、イオン導入器でのケアには不向きです。また肌の奥まで浸透させるので、添加物の入っていないものを選びましょう。

さらに微弱とはいえ肌に電気を流すわけですから、妊娠・授乳中の方やペースメーカーなどの機械・金属類が体内にある方はドクターに相談してください。

イオン導入器を使用する際は、肌に直接当てないことも大切です。肌へ負担がかかり、トラブルを引き起こす原因になります。香料や防腐剤などの添加物が入っていない導入材を含ませたフェイスマスクやコットンの上から使いましょう。

イオン導入に使用する導入材については『イオン導入するのに適した化粧水とは?』と『イオン導入するのに適した美容液とは?』も併せてご覧ください。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート