スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

イオン導入に適した美容液の効果と美容化粧品の選び方

更新日:2017/12/14 公開日:2014/10/01

イオン導入器は肌にごく弱い電流を流し、より深くまで水溶性の美容液に含まれる有効成分を浸透させる美容機器です。このイオン導入に用いる導入材としては、どのような美容液が適しているのでしょうか。

ビタミンC誘導体などイオン導入に適した美容液の効果

導入材に含まれる有効成分を肌の奥深くまで浸透させるため、イオン導入器は有効成分をイオン化します。したがってコラーゲンやヒアルロン酸は粒子が大きいために肌に浸透しにくいですし、イオン化できない成分もイオン導入器には向いていません。

イオン導入に適している成分は水溶性で粒子の細かいビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、アミノ酸などです。

ビタミンC誘導体は体内でビタミンCに変わり、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成に関わる細胞を助けます。シミのもととなるメラニンの生成を抑える働きや、老化の原因とも言われる活性酸素を除去するエイジングケアの効果もあるため、美肌のためにぜひ取り入れたい成分です。

特にビタミンC誘導体のなかでもイオン導入に最適なのは、「リン酸型ビタミンC誘導体」です。代表的なものにはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS・アプレシエ)、リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMgなどがあります。

無添加がおすすめ!イオン導入美容液の選び方

粒子の細かい香料やパラベンなどの防腐剤が入っていると、有効成分と一緒に導入されてしまうこともあります。さらに油分が含まれているものや粘度の高すぎるものも電気を通しにくいため、効果が得られない可能性があります。無添加もしくはイオン化しない添加物入りか、イオン導入専用と明記してある美容液を使用しましょう。

イオン導入専用のものなら粒子の大きいコラーゲンやヒアルロン酸なども、導入に適するよう調整された上で含まれている場合もあります。

イオン導入に使用する導入材については、『イオン導入するのに適した化粧水とは?』の記事をご覧ください。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー