1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

抑毛剤・抑毛ローション/ジェルの効き目とは?

更新日:2017/02/20 公開日:2014/10/01

この記事の監修ドクター

銀座エルクリニック 院長
簡野晃次先生

ムダ毛の処理方法には、脱毛や除毛の他にも「抑毛」を促す方法があります。耳慣れない言葉だと思う方もいるかもしれませんが、一言でいえば毛の成長を抑えて目立たなくする方法です。具体的な仕組みと効果について見ていきましょう。

抑毛とは?

抑毛とは、その字が表す通り「毛の成長を抑える」ムダ毛対策です。その方法は、抑毛成分が配合されたジェルやローションを使い、毛根や毛根周辺の細胞にアプローチしていきます。毛の生える力を抑制することで、体毛を細くしたり、生えてくる毛の数を減らします。効果が現れるまで時間はかかりますが、その分、肌への負担は少ないのが特徴です。

抑毛ローション・抑毛ジェルに含まれる成分

毛は、男性ホルモンの影響が強いほど濃く、太く、多くなるとされています。よって、抑毛剤には、イソフラボンなどの女性ホルモンと似た働きをする成分が配合されています。イソフラボン以外の成分としては、毛のタンパク質を分解する働きがあるパイナップルエキスなどがあります。

イソフラボンに期待される効果

イソフラボンには、女性ホルモンに似た作用があります。ムダ毛を細くし、抜けやすくなる効果があるといわれています。また、スキンケアの効果も期待できます。

抑毛剤の効果

抑毛剤の効果は、比較的ゆっくり現れます。遅い方で約2か月、早い方でも約2週間かかると考えられているため、脱毛クリームやテープのような即効性は望めません。しかし、肌が敏感な方や、その他の脱毛や除毛の方法で肌トラブルを起こしてしまう方にはおすすめの方法です。また、ムダ毛の自己処理後に抑毛剤を使用することで、ムダ毛の成長を抑える効果も期待できます。

抑毛剤の効果の注意点

抑毛剤にはムダ毛の成長を完全に止める効果はありません。また、体毛が濃い人には効果が出にくいという声もあります。しかし、逆に回数を重ねることで毛が生えるまでの周期が長くなったという声も聞かれるため、効果には個人差があると言えるでしょう。

とはいえ肌への負担がもっとも少ないことに変わりはないため、他の脱毛方法が合わずに困っている方や敏感肌の方、お子さんへの使用など、ムダ毛の処理にお困りの方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。

抑毛剤の効果が出るのを待ちきれないという方には

抑毛剤は、前述したように効果を得られるまでに時間がかかります。待てないという方は、抑毛より脱毛や除毛を検討しましょう。

除毛の方法

除毛とは、肌の表面に出ている毛をカミソリやクリームなどで処理する方法です。ムダ毛のお手入れの中でも一般的で、費用も抑えられます。

デメリットは、皮膚の中にある毛根はそのままなのですぐに毛が伸びてくること、肌への負担が大きいため、カミソリやシェーバーによって肌を傷めたり、除毛クリームの成分で炎症などを起こす可能性があることです。

脱毛の方法

脱毛とは、皮膚に埋まっている毛根ごとアプローチする方法です。自分で毛を抜く方法と、医療機関などで行うレーザー脱毛などがあげられます。

自己処理の場合でも、カミソリなどで除毛した場合と比べて毛が生えてくるまでの期間が長いという特徴がありますが、痛みをともなったり、毛穴のトラブルが起こりやすいというデメリットもあります。

医療機関などで行うレーザー脱毛をはじめ、専門施設で行う脱毛は、毛根を破壊する方法です。そのため、毛の生える力を抑える効果も期待できます。

抑毛剤についてのまとめ

抑毛剤は肌への負担が少なく、肌の弱い方でも比較的行いやすいムダ毛処理の方法です。毛を取り除くというよりは毛を細く、目立たなくする効果を持っています。その効果を実感するには、ある程度の期間が必要になることから、ほかの脱毛・除毛方法のような即効性は望めませんが、肌にやさしいムダ毛処理方法を探している方にはおすすめです。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート