思春期の子どもの心理と正しい親子の向き合い方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

反抗期・思春期の子育て

親は、青年へと成長する子どもをどのように見守れば良いのでしょうか。思春期の子どもをどう扱うべきか、思春期をどう捉えるべきか…といった子育ての知識を紹介し、不安定になりがちな思春期の心理状態について分析した内容を専門ドクター監修の記事でお伝えしています。

思春期の心理

親は、青年へと成長する子どもをどのように見守れば良いのでしょうか。思春期の子どもをどう扱うべきか、思春期をどう捉えるべきか…といった子育ての知識を紹介し、不安定になりがちな思春期の心理状態について分析した内容をお伝えします。

思春期の心理とは?

思春期というのは二次性徴に始まる身体的変化に加えて、「人からどう見られているか」「生きる意味とは何か」といった複雑な思考を獲得する時期でもあります。また、親からの自立を目指して悪戦苦闘する時期でもありますので、甘えと自立心の間で揺れ動き、しばしば心が不安定な状態になります。これは子どもから大人へと変わっていく過程で必要不可欠な葛藤なので、避けることは難しいでしょう。

親はどう向き合うべき?

保護者がまずしなければならないのは「思春期というのは不安定かつ、親への反抗を伴う時期である」と認めることです。思春期、反抗期がこないまま親に盲従しているようであれば、それはそれで大人になってからの自立が難しくなります。むしろ、ある程度は歓迎すべき状況にある(=正しく成長過程を歩んでいる)と考え、余裕をもって受け入れましょう。

親の指示を無視する、言い返すなどの反抗的態度を見せたかと思えば、妙に甘えてきたりと不自然な行動が増える時期ですが、これは精神活動の複雑化に対応しきれていないことが理由です。こういった矛盾した態度をアンビバレンツ(両価性)と呼びますが、これは思春期によく見られる現象なので、それほど気にする必要はありません。この状態を乗り越えて自我が発達し、最終的に大人として自立(=自我同一性を確立)していくのです。

この時期には子どもの葛藤を認め、言い分を忍耐強く聞いてあげつつ「ダメなことはダメ」という毅然とした態度を失わないことが何より大切です。親は見守る姿勢を基本としつつも、完全に道を踏み外さないようにある程度コントロールするようにしてください。

普段のちょっとした抵抗を認めてあげれば、どうしても止めるべき時に親の意見を聞き入れてもらいやすくなるでしょう。

今すぐ読みたい