爪水虫の治療方法は?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

爪・手・かかとの水虫

水虫の1つである爪水虫の治療方法は、飲み薬によって行うのが基本です。薬の効果が薄い人や、服用できない場合にはレーザーで治療する場合もあります。爪水虫の治療方法についてドクター監修のもと詳しく説明します。

爪水虫

爪水虫は自覚したら、すぐに治療を行うことが大切です。他の人に感染させないように早急に治療していきましょう。この記事では、爪水虫の治療方法や治療期間について説明します。

爪水虫は治りにくい?

発見しにくい(自覚がない)

爪水虫は自覚症状に乏しいので、発見が遅れてしまう可能性が高いです。痛みやかゆみなどがほとんどないので、気づいた時には爪水虫が進行してしまっているというケースが多々あります。

足水虫を患ってしまった時は、爪水虫になっていないかも注意するようにしましょう。爪水虫の症状としては爪が厚くなる、表面がボロボロになる、色が濁ってしまうなどです。これらの症状に当てはまる場合は、爪水虫に感染しているかもしれないと考えた方がよいでしょう。

病院での治療がオススメ

爪水虫を治療したいと思うのであれば、病院に通う必要があります。市販の薬では爪水虫を治すことは難しいです。なぜなら、市販で販売されている水虫の薬はほとんどが足水虫を治すために作られています。そのため爪水虫に対してはほとんど効果がなく、きちんと病院に通ってドクターに処方された薬を服用する必要があります。

継続して薬を服用する必要がある

爪水虫の治療は長期間に渡ることになります。自分の判断で服用を中断することは止めましょう。継続して服用しなければ、効果を発揮することはできないからです。爪が生え変わる最低でも6ヶ月程度は治療を行い、薬を服用しなければいけません。

爪水虫の治療法にはどんなものがある?

爪水虫を治すためには、飲み薬を服用していくことになります。塗り薬ではしっかりと爪の中まで薬が浸透しないので、あまり効果は期待できません。そのため爪水虫の治療では、飲み薬を服用することが一般的です。

しかし、なかには飲み薬での治療が困難なケースがあります。肝臓の機能に異常がある方は、飲み薬による治療を行うことができません。肝臓の機能が正常に働いていないと、水虫の薬の副作用が生じる場合があるからです。肝臓の機能が正常かは、治療中に行う血液検査でチェックすることができます。

爪水虫にレーザー治療は効く?

爪水虫は飲み薬で治すのが一般的ですが、服用できない場合や飲み薬では効果がない場合にはレーザーによる治療も可能です。爪水虫のレーザー治療は、自費による治療となります。そのため治療にかかるお金は少々割高となりますが、効果が期待できる治療法です。

レーザーでの治療は、麻酔なども必要が無いため安全性は非常に高いです。治療に要する時間も10~20分と短いのも特徴です。1ヶ月に1回程度の頻度でレーザー治療を行っていき、長期的な視野で治療を行っていくことになります。レーザーでの治療は副作用の心配はほとんどありません。もしも予期せぬ副作用が出てしまった時には、担当のドクターに相談しましょう。

ヘルスケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!