朝立ちの役割は?睡眠中に何度も勃起してるって本当?

更新日:2017/07/20 公開日:2014/10/01

勃起不全の原因・症状

朝立ちというのは、生理現象であるため、まったく恥ずかしいことではありません。それどころか、朝立ちはペニスの健康維持に必要なものなのです。ドクター監修のもと、朝立ちと健康の関係について解説します。

朝立ち

朝立ちは恥ずかしくない

朝立ちしていることを知られると恥ずかしいという方もいますが、朝立ちは性的興奮や自意識とは関係なく起こる生理現象なので、まったく恥ずかしいことではありません。それどころか、朝立ちは男性にとってとても重要な役割を担っています。

長期間に及び、性行為もマスターベーションもせず、朝立ちも起こらないという男性がいたとしたら、見方によってはストイックな人格者のように感じるかもしれません。しかし、全く勃起しない状態が続くのは、身体にとってはあまり良いことではないのです。

なぜなら、長い間勃起しない状態が続くと、ペニスの血管や海綿体は柔軟性を失い、血流も悪くなるためです。また、酸素不足により細胞組織も老化してしまいます。朝立ちは、ペニスをそういった危機から守るための、いわば自動防御システムのようなものと言えます。

朝立ちの役割

一般的に、起床時の勃起現象を「朝立ち」と呼びますが、正式名称は「夜間勃起現象」と言います。朝立ちなのに「夜間」と聞くと妙な感じがするかもしれませんが、実は勃起現象は睡眠中に何度も繰り返されているのです。

睡眠中には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という、性質が異なる2種類の眠りが交互にくりかえされます。レム睡眠とは、身体は休んでいても脳は活発に働いている浅い眠りのことを指します。それに対してノンレム睡眠は、身体も脳も休んでいる深い眠りを指します。

レム睡眠とノンレム睡眠を1セットと考えた時、その長さは大体90分くらいで、一晩にこのセットが一定のリズムで繰り返されます。そして、勃起現象は、眠りの浅いレム睡眠時に起こります。そのため、目覚めるときがレム睡眠時であると、朝立ちと呼ばれる現象が起こるわけです。

健康な男性の場合、レム睡眠は睡眠全体の20%を占めており、睡眠時の勃起現象はレム睡眠の周期に合わせ起こっているといわれています。寝ている間に何度も勃起を繰り返すことで、ペニスの海綿体には新鮮な血液が送られ、血管や海綿体の柔軟性も保たれます。つまり、朝立ちはペニスの健康維持のためには必要なものというわけです。

今すぐ読みたい