朝立ちしない理由

更新日:2017/07/20 公開日:2014/10/01

勃起不全の原因・症状

朝立ちが毎朝ないと不安になるという男性もいるかもしれませんが、朝立ちしないからといって勃起不全や他の病気があるとは限りません。睡眠中に勃起しているかを自分で確認する方法について、ドクター監修のもと説明します。

スタンプ法

朝立ちは毎日ないとダメ?

朝立ちが毎朝ないと「身体に何か異常があるのかもしれない」と不安を感じる男性もいるかと思われますが、それほど神経質になる必要はありません。

朝、目が覚めたときにペニスが勃起していることを「朝立ち」と言いますが、実は睡眠中の勃起は、寝ている間に何度も繰り返されています。これは「夜間勃起現象」という生理現象で、定期的に勃起をしてペニスの海綿体内に新鮮な血液を送り込むことで、正常な勃起力を維持するメンテナンスのような意味があると考えられています。

しかし、夜間勃起現象は、健康な人でも全睡眠時間中の20%のレム睡眠の間にしか起こりません。

また、寝ている間には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という2種類の眠りが交互に繰り返されますが、勃起が起こるのは眠りが浅いレム睡眠時だけです。目が覚めるのは眠りが浅い時が多いため、睡眠中の勃起がそのまま維持されていれば、朝立ちになります。

しかし、目覚めるより前に勃起が終わっていたり、眠りの深いノンレム睡眠時に目覚めたりした場合は、朝立ちが見られません。ですから、たとえ朝立ちが毎朝なくても、睡眠中に勃起している可能性は十分にあるのです。

セルフチェックの方法

自分が睡眠中に勃起しているかどうかが気になる方は、「スタンプ法」でセルフチェックをしてみるといいでしょう。心因性のEDでは、レム睡眠中は正常に勃起しているといわれています。

(1)縦に4~5枚連なった切手(もしくは切手のフチの余白部分)を用意します。

(2)乾いたままの切手をペニスの根元にピッタリと巻き付け、片方の端だけを水で濡らして留めます。切手をペニスに巻き付けるときは、パンツの前開きの部分からペニスを出して行うとやりやすいようです。陰毛は巻き込まないように、パンツの中にしまっておきましょう。

(3)切手が乾いたら、ペニスをパンツの中に戻して就寝します。

(4)翌朝、切手が切れていたら、眠っている間に勃起していたということです。

夜間陰茎勃起現象の判定用に「ジェクスメーター」という巻き尺のようなものも市販されているので、そちらを利用するのもいいでしょう。また、健康な人でも一晩では夜間陰茎勃起現象が見られないことがあるため、スタンプ法は最低3日間連続で行うことがすすめられます。

今すぐ読みたい