中性脂肪とダイエットの関係

更新日:2016/12/09

中性脂肪の治療方法

肥満体に蓄積された内臓脂肪や皮下脂肪のほとんどは中性脂肪でできているので、中性脂肪を減らすことはダイエットにつながると言えます。ドクター監修のもと、中性脂肪とダイエットの関係性についてご紹介します。

ダイエット

中性脂肪が高い人は痩せやすい

肥満体であり、なおかつ中性脂肪の値が高い人は痩せやすい傾向にあります。その理由は、肥満の原因が中性脂肪の多さということにほぼ特定されるためです。身体に溜まった中性脂肪を減らせば、それだけ内臓脂肪や皮下脂肪も減るというわけです。

ただし、中性脂肪は燃焼できるものではありません。よく「中性脂肪を燃やす」といった広告などを見かけますが、それは誤りです。運動により消費できるのは脂肪酸というもので、中性脂肪はこの脂肪酸とグリセリンによって構成されています。

つまり、脂肪酸が消費されることによって中性脂肪が分解され、結果、中性脂肪が減るといったシステムになっています。中性脂肪が高く、内臓脂肪や皮下脂肪が気になる方は、中性脂肪を減らすことを意識したダイエットメニューを計画すること大切なのです。

中性脂肪の増加を抑えるのに効果的なダイエットとは?

中性脂肪が原因で肥満になっている人の多くは、生活習慣に問題があるケースがほとんどです。中性脂肪が増加する一番の原因は、糖質と脂質の過剰摂取です。中性脂肪の数値を下げたいのであれば、まずはこの余分に摂り過ぎている糖質と脂質を抑える必要があります。

また、運動不足も中性脂肪を増加させる原因のひとつです。よって、有酸素運動などで身体を動かす習慣をつけましょう。

規則正しい生活と脂質や糖質を抑えた食事、そして適度な運動、これが中性脂肪が高い人にオススメしたいダイエット方法です。

過度の節制は別の弊害を生む

「ダイエット=痩身」と考えている人も多いですが、ダイエットとは本来、健康的な身体作りを意味するもので、正確に言えば、食事療法にあたる言葉なのです。

体内に蓄積された必要以上の脂肪は健康を害するものですが、標準的なものであればまったく問題ありません。むしろ、健康的と言えます。中性脂肪は絶対悪ではなく、人体をすこやかに活動させるためには必要不可欠なものであることを認識しましょう。

過度の節制は疲労感や肌荒れなど、別の弊害を生む危険性があるため、注意してください。中性脂肪を下げるための節制を行なう場合は、中性脂肪の値を計測しながら行なうのが理想的です。

今すぐ読みたい