血液中の中性脂肪を減らすアディポネクチンとは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

中性脂肪の治療方法

血管壁を修復し、中性脂肪の減少に大きな効果を持つアディポネクチン。ドクター監修のもと、アディポネクチンの中性脂肪への作用と人体にもたらす健康効果について解説します。

中性脂肪

血管壁を修復し、血液中の中性脂肪を減らすアディポネクチンと健康効果はどういったものか詳しく解説いたします。

超善玉物質「アディポネクチン」と中性脂肪の関係

中性脂肪値の上がり下がりを決めるのは、生活習慣の良し悪しです。生活習慣が乱れると中性脂肪は増加し、逆に健康的な生活習慣を実施できれば中性脂肪はおのずと下がります。

生活習慣の乱れは、生活習慣病であるメタボリックシンドロームの原因にもなります。メタボリックシンドロームが進行すると、超善玉物質であるアディポネクチンが減少してしまいます。それは、この物質は内臓脂肪が増えれば増えるほど減少する性質を持っているためです。

アディポネクチンは中性脂肪を減らす働きをするため、これが減少すると中性脂肪は確実に増加していきます。また心筋梗塞などの冠動脈疾患の患者は、アディポネクチンが低いほど死亡率が高くなる傾向がみられるという報告もなされています。

「アディポネクチン」の働き

人体に良い作用をもたらすアディポネクチンですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?アディポネクチンがもたらす健康効果を並べてみました。

・血管の修復

・中性脂肪の減少

・メタボリックシンドロームの改善

・高血圧の予防

・抗ガン作用

・脳卒中の予防

・心筋梗塞の予防

・高脂血症の改善

・コレステロールの正常化

・老化防止

・血栓の予防

・インフルエンザの予防

・生活習慣病の予防…etc

これだけを見ても、アディポネクチンが人間の身体にとても良い影響を与える超善玉物質であることがわかります。アディポネクチンを減少させないためにも、生活習慣の乱れは早めに改善させましょう。

メタボリックシンドロームを予防・改善するには?

アディポネクチンは内臓脂肪が増えることで減少してしまうため、メタボリックシンドロームはこの最大の敵と言えます。メタボリックシンドロームの予防・改善には、まず生活習慣の乱れを正すことが重要です。メタボリックシンドロームを発症するということは、生活習慣のどこかに必ず問題があるということです。日々のライフスタイルを見直し、問題点を見つけ改善することが、メタボリックシンドロームの予防と改善に繋がるのです。