テストステロンの増加が勃起不全を防ぐ

更新日:2017/07/20 公開日:2014/09/18

勃起不全の治療方法

「テストステロン」は、勃起の機能を維持するために欠かせない男性ホルモンですが、加齢やストレスによって減少してしまいます。テストステロンを増やすための生活習慣や食習慣の注意点について、ドクター監修の記事で紹介します。

テストステロンとは?

男性ホルモンとは、男性を男性特有の体つきや思考回路に発育させる各種ステロイドホルモンの総称です。中でも、もっとも分泌量が多く強い作用を持っているのが「テストステロン」です。

テストステロンには、筋肉の増強、体毛の増加、冒険心・縄張り意識・競争心を活発にするなどの作用がありますが、もう1つの重要な作用が、「一酸化窒素」を供給し血管の健康を保つことです。

性的興奮が脳からペニスに伝わると、陰茎海綿体の動脈が拡がって血液が流れ込みます。これによりペニスに血液が充満することで勃起が起こるのですが、このときに血管を拡張しているのも一酸化窒素の働きです。そのため、テストステロンが減少すると一酸化窒素も減り、勃起不全になりやすくなるのです。

しかし、テストステロンの分泌量は加齢とともに徐々に減少していきます。さらに、ストレスが多いとテストステロンの減少に拍車がかかってしまいます。よって、勃起不全を予防するためには日々の生活を見直し、テストステロンを増やせるように心がけていくことが大切です。

テストステロンを増やすには?

●睡眠
テストステロンは、夜間眠っている間に作られます。また、質のよい睡眠をしっかりとることは、疲労やストレスの解消にもつながり、テストステロン値を高めるのに有効です。

●食事
テストステロン値を高めるには、栄養素の中でも、特にタンパク質をしっかり摂ることが大切です。また、玉ねぎなどのネギ類に含まれる含硫アミノ酸にもテストステロンの生成を助ける働きがあるので、積極的に摂りましょう。

●運動
運動で筋肉に刺激を与えると、テストステロン値が高まります。水泳やウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動や筋トレなどがおすすめですが、時間がない人はエスカレーターやエレベーターを使用しないなど、日常生活の中でなるべく体を動かす習慣をつけましょう。

●友だちに会う
気の置けない友達と会って話したり、スポーツで競争し合ったりすると、ストレスが解消されたり達成感を得られたりするので、テストステロン値が高まります。ただし、お酒の飲み過ぎはテストステロン値を下げてしまうので、注意しましょう。

●新しいことを始める
習い事を始めたり、新しい趣味を持ったり、知らない街に旅行に行ったりするなど、何か新しいことにチャレンジするワクワク感は、テストステロン値を上昇させます。

今すぐ読みたい