中折れしない方法

更新日:2017/07/20 公開日:2014/09/18

勃起不全の原因・症状

「中折れ」は、性行為に失敗することの不安や緊張、焦り、プレッシャーなど、心理的な要因で起こることがよくある勃起不全です。ドクター監修のもと、心因性の中折れに有効な治療法と、ずるずると中折れを繰り返さないために心がけたいことについて説明します。

心因性の中折れに薬は有効?

性行為に失敗することの不安や緊張、焦り、プレッシャーなどにより、勃起はしたものの最後まで持続できず途中で萎えてしまう現象を「中折れ」と言います。

これは、心理的な要因で起こることが多いそうです。マスターベーションでは最後までできたり、朝立ちもしっかりあるのに、相手がいる性行為のときに限って途中でペニスが萎えてしまうというケースは、「心因性勃起不全」の典型的な症状と言えるでしょう。

また、一度中折れしてしまうと「今回もまた途中で萎えたらどうしよう」という再発の不安がつきまとい、さらに中折れしやすくなるという傾向もあります。

こういった心因性の中折れには、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」など、病院で勃起不全の治療薬として処方されている薬が効果を発揮するとされます。精神安定剤を併用することもあります。

治療薬を服用して性行為がうまくいけば、それ以降は「薬を持っているだけで大丈夫」という安心感が生まれるケースもあるそうなので、思い当たる症状がある方は病院で治療を受けることも選択肢に入れておくとよいでしょう。

パートナーに打ち明けよう

中折れをしたときに「やってはいけない」と言われているのが、見栄を張ってしまうことです。相手に悟られまいと中折れしたことを隠してしまうと、その場は取り繕えたとしても、その次のときに余計にプレッシャーがかかってしまい、さらに中折れしやすくなります。

そうならないためにも、中折れをしたときは、ごまかさずに相手に伝えましょう。そのうえで、自分が射精するための性行為ではなく、相手とのコミュニケーションを重視した性行為に切り替えて継続するといいでしょう。

また、勃起不全の問題は、男性だけでなくパートナーにも大きな影響を与えています。男性が悩んでいる以上に、相手もそのことを気にかけている可能性があるためです。

勃起不全の治療は、1人ではなくパートナーと一緒に行うのがもっとも理想的なスタイルです。非常にデリケートな問題なので切り出しにくいかもしれませんが、できれば現状を正直に伝えるようにしましょう。パートナーとは、日頃から何でも相談し合える関係を作っておくことも大切です。

今すぐ読みたい