中折れとは

更新日:2017/07/20 公開日:2014/09/18

勃起不全の原因・症状

勃起不全の患者は、現在日本に1130万人いるとい言われていますが、その中で、勃起不全だと気付きづらいもっとも多い症状が「中折れ」ですと言われています。中折れの症状と中折れする人が気をつけたい点について、ドクター監修のもと説明します。

中折れって何?

日本における勃起不全の患者数は、1130万といわれています。中でも、よく聞く症状が「中折れ」です。中折れとは、勃起はするけれど、性行為の最中にペニスが萎えてしまうことを言います。

中折れは勃起不全じゃない?

中折れする人は、勃起はするため自分が勃起不全だという自覚がないことが多いようです。しかし、勃起不全はペニスが全く勃起しないことだけを指すのではありません。

医学的な勃起不全の定義は、「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起を維持できないために、満足な性交が行えない状態」とされています。よって、中折れもれっきとした勃起不全なのです。

しかし、「まさか自分が勃起不全であるはずがない」「たまたま調子が悪かっただけ」「今回は絶対に最後までできるはず」などと考えると余計にプレッシャーになり、中折れの症状がずるずると続く傾向にあるようです。なぜなら、勃起不全は心理的な影響によって誘発されることも多いからです。

勃起不全には、心理的な影響によって起こる「心因性勃起不全」と、身体機能の異常や障害によって起こる「器質性勃起不全」、そしてこの両者が絡み合った「混合性勃起不全」があります。

心因性勃起不全の原因は、ストレスや過労、睡眠不足、パートナーとの気持ちのズレ、心配事など、さまざまなものがありますが、「うまくいかなかったらどうしよう」「絶対に成功させなくては」という不安やプレッシャーも、よくみられる原因であるそうです。

勃起不全は、適切な治療を受ければ治る可能性が十分にある症状です。治療の第一歩は、自分が勃起不全であるということを受け入れること。勃起不全かもしれないと思ったら専門医に相談するとよいでしょう。

今すぐ読みたい