スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

中折れの改善方法

更新日:2017/07/20 公開日:2014/09/18

勃起不全の治療方法

中折れをする人は、男性ホルモンの「テストステロン」が減少している可能性があります。ドクター監修のもと、テストステロンを増やす方法をご紹介します。また、刺激が強すぎるマスターベーションも中折れの原因となるため、マスターベーションの注意点についても記載します。

男性ホルモンを増やす

男性ホルモンである「テストステロン」の減少は、「中折れ」の原因になります。テストステロンには、男性を男性らしい体つきや思考回路に発育させる作用がありますが、勃起の際にペニスへの血液導入を促進する「一酸化窒素」を供給する働きもあります。よって、中折れする人は、テストステロンの減少が原因になっている可能性があるのです。

テストステロンの分泌量は、加齢やストレスによって減少してしまいます。そのため、テストステロンの減少による中折れを改善するには、分泌量を増やす生活を心がけることが大切です。以下に、テストステロンの分泌量を増やすのに効果的な生活習慣についてまとめました。

●十分な睡眠
睡眠不眠が続くとテストステロン値が下がります。テストステロンの大部分は寝ている間に作られるので、質の良い睡眠をしっかりとれるよう心がけましょう。

●リラックスタイム
テストステロンは「副交感神経」が優位のときに盛んに分泌されます。副交感神経とは、リラックスしているときに優位に働く自律神経のことです。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かって入浴する、心が休まる音楽を聴くなど、リラックスできる時間を持ちましょう。

パソコンやテレビ、ゲームなどは「交感神経」を優位に働かせてしまうため、逆効果になります。

●運動
運動をして筋肉を刺激すると、テストステロン値が高まります。筋トレやウォーキング、ジョギングなど、体を動かす習慣をつけましょう。

●食べ物
ネギやタマネギ、ニンニクなどに含まれる「含硫アミノ酸」は、テストステロンの生成を助ける働きがあるので、積極的に摂りましょう。ただし、これさえ摂っておけば大丈夫というわけではありません。バランスの良い食生活を心がけることが第一です。

正しいマスターベーションを

刺激の強いマスターベーションも、中折れの原因になります。ペニスを強く握り過ぎたり、手を早く動かし過ぎたり、畳や布団に擦りつけたりするマスターベーションが習慣になっていると、性行為の際に女性の膣ならではの柔らかな刺激では快感を得られず、射精をするまでに時間がかかり過ぎて途中で萎えてしまうためです。

これは、医学的には「膣内射精障害」といわれる症状で、男性の不感症のようなものです。指で輪を作ってやさしく上下に動かすだけに留めるなど、弱い刺激でも快感を得られるよう慣らしていきましょう。

今すぐ読みたい