1451名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

バストアップに効果的な正しい姿勢とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/31

形がよく、上向きのバストは女性の憧れ。実はバストの形には、普段の姿勢にも影響されるのです。

バストと姿勢の関係性

バストを保つ筋肉というと、大胸筋を鍛えることをイメージする方が多いと思いますが、それだけでなく、実は背中の筋肉が大きく影響しています。ダンサーなど、常に姿勢を気にして背筋もすっと伸びている人はバストが上を向いている傾向があります。この反対で、デスクワークを長時間行う人はパソコンを使う際などに肩が内側に入ってしまい「巻き込み肩」の状態になりがちです。

巻き込み肩になると、背中の筋肉が硬くなり、縮んだ状態に。筋肉が縮むことで代謝が落ちて脂肪がつきやすくなり、バストは垂れやすくなります。また、姿勢が悪いと血流やリンパ液の流れが悪くなってバストを含む全身に栄養が行きわたりにくくなり、バストが小さくなってしまう原因になります。

バストアップによい姿勢

きれいなバストを作るために、普段から正しい姿勢を心がけたいもの。まず、壁に背中をつけて立ってみましょう。その際に、肩が丸まっていたり、痛みを感じるようであれば、すでに猫背になっている可能性が高いと言えます。

正しい姿勢は、頭の中心から吊られているようなイメージで、背筋を伸ばして立った状態。あごは軽く引き、胸を開き、おへそに軽く力を入れて、ヒップと太ももを内側に引き締めるような感じで立ちます。正しい姿勢で立つと、肩はあがらずに、リラックスした状態で自然に下がるようになります。胸をはりすぎると腰がそってしまい、腰痛の原因にもなるので、気をつけましょう。

姿勢が美しくなると、バストアップによいだけでなく、基礎代謝があがり脂肪も燃焼しやすくなります。猫背のときよりも内臓の働きが活発になりますし、身体のゆがみからくる痛みなども軽減されます。また、精神的にも安定した状態になり、見た目の印象も変わってきます。

長時間座ったままパソコンに向かって仕事をしていたりすると、どうしても姿勢が悪くなってしまいます。昼休みなどの空いた時間に美姿勢を思いだす習慣をつけましょう。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート