5220名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

出産後にやるべきバストアップ・バストケア方法

更新日:2016/12/09

バストはキレイにた保ちたい!

妊娠中から産後の女性のバストは大きく変化します。急激に大きくなっていくバストの重みに筋肉が耐えられず、産後にバストがたるんだり、しぼんでしまうこともよくあります。産後も美しいバストをキープするためには、どのようなケアをするべきなのでしょうか。

出産後に起こるバストの変化

乳腺の発達にともない、大きくなってくるバスト。その大きさのピークは出産後2~3日目で、授乳が始まり、断乳に至るおよそ1年間で小さくなって元のサイズに戻ります。バストの重さは、最大になった時点で通常の3~4倍にもなります。これだけの重さを支えて、しぼんでいくわけなので、当然、皮膚には大きな負担がかかります。

産後バストがしぼむ・垂れることも

産後のバストが妊娠前の美しい状態に戻ればよいのですが、なかなかそうはいきません。真皮に断裂が起きて授乳線ができたり、乳腺が小さくなっていくに連れてバストの脂肪も減少し、それによって皮膚にシワが寄るといったことが起こります。

また、バストの乳腺や脂肪を支えているクーパー靭帯が、妊娠中~産後のバストアップにともなって伸びてしまい、授乳後バストが小さくなったあとも緩んだ状態となり、バストが垂れてしまう、といった現象も見られます。

産後のバストを美しく保つためのケア方法とは

バストを美しく保つためには、まず、肌の保湿を心がけましょう。クリームをなんとなく塗るのではなく、一緒にマッサージも行うとさらに効果的です。

<バストマッサージの方法>

バストの上部分の皮膚を首に向かってひっぱるようにマッサージします。右と左の手を交互に動かすようなイメージで下から上へ5~6回マッサージします。次に左右の脇の脂肪を胸の中心に寄せるようなイメージで同じく5~6回マッサージを行います。お風呂あがりなどの血行がよくなっているときに行うと、さらに効果的です。

<エクササイズの方法>

また、テレビを観ながらできるような簡単なエクササイズでも、毎日続けることで、美しいバストを維持することに役立ちます。

左右の手のひらを胸の前で合わせて、両側から押し合うように力を入れます。次に、息をゆっくり吐きながら手を中央に押し合わせ、腕を伸ばします。この2回の動作を10回ほどくりかえします。

次に、1番最初の姿勢に戻り、手のひらを胸の前で合わせ、息を吐きながらゆっくりと手を左右に動かします。この動きを10往復します。

<筋トレの方法>

次に、胸の筋肉を鍛えてバストの垂れを防ぐ筋トレ方法を紹介します。両手の手のひらを胸の前で合わせ、力を入れて押し、その後力を抜きます。この動きを10回ほどくりかえします。次に、胸の前で腕組みをし、左右の腕をそれぞれ外側に引っ張ります。引っ張った後、また力を抜く、という動きを10回ほどくりかえします。

このようなケア方法は、1回で効果が出るものではありません。継続して行うことが大切です。少しの空いた時間をみつけて、根気よく続けるようにしましょう。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

おすすめコスメ

他のコスメを見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート