善玉菌をサプリで摂るメリットと効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/31

善玉菌の効果と特徴

腸内環境を良好に保つ善玉菌を増やすために人気なのが、乳酸菌やビフィズス菌のサプリメント。ヨーグルトなどの食品から摂取するのと比べて、どのようなメリット・効果があるのか、ドクター監修の記事でご紹介します。

乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌の健康への働きが注目され、こういった善玉菌が配合されたサプリメントも人気となっています。食べ物からも摂取できる善玉菌ですが、サプリメントで摂取することで、どのようなメリットがあるのでしょう。

生きたまま腸まで届けてくれる

善玉菌の代表格であるビフィズス菌は胃酸に弱く、食べ物などから摂取しても、なかなか生きて腸まで届きません。しかし、耐酸性のカプセルを使用するなど、胃酸から善玉菌を守る製法が駆使されたサプリメントならば、生きた状態の菌を腸まで届けることが容易になります。生きたまま腸に届いたビフィズス菌や乳酸菌は、腸の中で糖類などを分解し、乳酸を作り出しながら増殖して健康によい効果を発揮します。この働きは、生きた菌ならではのもの。乳酸菌は死んでしまった後でも、体内で有効な働きをすることが分かっていますが、パワフルな効果を得るためには、生きたまま腸まで届くよう工夫されたサプリメントを選ぶことがポイントです。

サプリメントには他にもさまざまなメリットが

●乳製品が体質に合わない人でもOK
乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれる食品の代表格といえば、乳製品。しかし、体質的に乳糖を分解出来ず、乳製品を摂るとおなかがゴロゴロする人は、ヨーグルトや牛乳から摂取するのは困難です。サプリメントを選ぶことで、ほぼ問題なく善玉菌を摂取できるようになるでしょう。

●保存や持ち運びにも便利
サプリメントは一般的な食品に比べて消費期限が長いので、購入してすぐに食べきる必要がありません。しかも常温保存できるので、食品に比べて管理しやすいのもポイントです。また、軽くてかさばらず、持ち運びが簡単なので、忙しい時や旅行の時などでも簡単に摂取することが出来ます。

●カロリーが低く、摂取効率もよい
例えば、整腸作用が期待できるとされている、1日数十億個の量の乳酸菌やビフィズス菌を一般的なヨーグルトから摂取しようとすると、毎日200~500gも食べなければならないことになってしまいます。これだけ食べるとなるとカロリーも高くなり、あまり現実的とは言えません。しかしサプリメントなら、それだけの量も簡単に摂取することができるので、継続的な摂取も簡単。さらに乳酸菌やビフィズス菌と相性のよい成分を配合したものも多く、善玉菌が腸内で活躍できるようにサポートしてくれるので、効率的です。

善玉菌は毎日継続的に摂取することで効果を発揮するので、上手にサプリメントを利用して、腸から全身への健康ケアに役立てましょう。

今すぐ読みたい