プロバイオティクスが人体に与える影響

更新日:2017/05/11 公開日:2014/10/31

善玉菌の効果と特徴

生きたまま腸に届き、腸内環境を整えてくれるプロバイオティクス乳酸菌が注目を集めています。ここでは、プロバイオティクスが人体の健康にどのような影響を与えるのかを、ドクター監修の記事で解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

体によい作用をもたらすとして注目される「プロバイオティクス」。一体どのようなもので、どのような働きをするのでしょうか。

プロバイオティクスって何?

健康な人間の腸内には、400~500種類、約100兆個もの腸内細菌が存在しています。これらの腸内細菌は、その生息の様子がお花畑のように見える事から「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。

プロバイオティクスとは、この腸内フローラのバランスを整えて腸内環境を改善し、健康によい働きをする生きた微生物のことです。乳酸菌やビフィズス菌などが、プロバイオティクスの代表格です。また、これらの微生物を含む食品などそれ自体をプロバイオティクスと言う場合もあります。

生きて腸まで届いたプロバイオティクスは、乳酸などを産生して腸内を酸性にする事により、悪玉菌や病原菌などの有害物質の活動を抑制し、体によい菌を増やします。これにより腸を正常に働かせ、ひいては健康を守ります。

ただし、全ての乳酸菌やビフィズス菌がプロバイオティクスというわけではありません。プロバイオティクスと呼ばれるには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 胃酸や胆汁などによって消化されず、生きて腸まで届くこと
  • 腸内で増殖可能であること
  • もともと腸内フローラに存在する微生物の一員であること
  • 腸内のバランス改善など、明らかな有用効果があること
  • 食品、医薬品として安全性が保証されていること
  • 簡単に摂取、飲用でき、有用な菌数が維持できること
  • 扱いが容易で、価格や費用が安いこと

これらの条件を満たした、選び抜かれた微生物こそがプロバイオティクスなのです。

プロバイオティクスの働きと効果

プロバイオティクスが腸内フローラによい影響を与え、腸内環境を整える働きをすることで、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

1つめには、乳酸を産生して、悪玉菌や病原菌などの有害物質の活動を抑制します。赤痢菌、チフス菌、サルモネラ菌、病原性大腸菌などの腸内感染を防ぐ効果があります。

2つめに、ストレスや老化、食生活の乱れなどで増えてしまった悪玉菌の働きを抑えます。そのため、腸の免疫細胞を整え、免疫機能の働きを高める効果が期待できます。

3つめに、余分なコレステロールと結びつき、体外に排出させることで、血中コレステロールを減少させる働きがあるプロバイオティクスもあります。これは、動脈硬化の予防につながる効果です。

そのほか、花粉症などのアレルギーに対する効果の研究も進んでいます。アレルギー患者の腸内に、善玉菌の一種であるラクトバチルス菌が少ないことや、なんらかの理由で腸内フローラが乱れている人にアレルギー患者の出現率が高いことから、プロバイオティクスの抗アレルギー効果への期待が高まりました。現在は実際に研究や実験が進み、科学的な根拠が確認されてきています。

善玉菌が増える食品にはなにがあるの?

善玉菌を活性化させるバイオティクスですが、そもそも善玉菌が大腸の中に一定以上いないと意味がありません。善玉菌を増やす食べ物は、食物繊維の豊富な穀物・芋類などの炭水化物がおすすめです。また、オリゴ糖が豊富に含まれているバナナやカルシウムが含まれている牛乳やヨーグルトもおすすめとなっています。毎日の食事の中に、積極的に取り入れてバイオティクスが活動しやすい腸内環境を作りましょう。

今すぐ読みたい